やっと会えた! 

わたくし、実は公務員です。

昨年から福島県の原発事故被災自治体のひとつへ、応援職員として派遣されている。民間のスキルを行政の現場に生かすという主旨のプログラムは複数あって、いまやいろんな人材が復興支援の名目で東北に入っている。

で、今日はやっとYさんと会えた。前職でお付き合いのあった彼女は、いま別の被災自治体の復興支援員として、地域全体の教育振興のお手伝いをしている。某ウェブサイトでインタビューされているのを見かけて連絡をとり、会おうとしてすれ違うこと2回。今日は3度目の正直だった。彼女は私より20歳も年下だが、前職をやめて東北にかかわり始めたのが私とちょうど同じ時期だったことが判明。居酒屋で二人ともホットウーロン茶で盛り上がった(イナカ=車社会では、なかなか外食で酔っぱらえないのが残念)。私の「チャーリーズ・オバチャンズ構想」(※)を披露したら、面白がってくれた。彼女はいわきまで帰るので、8時過ぎには切り上げ。近いうち郡山で遊ぼう。S君も紹介したいな。若い人たち、いろいろつなげよう。

ちなみに私も今日、たまたま同じサイトの同じコーナーに登場するため取材された。仕事がら、取材することはあっても取材を受けるという経験はめったにないが、質問に答えることが頭の整理にもなるので、基本的にはありがたく受けることにしてる。今の仕事の話から、必然的に「派遣期間終了後」の話になる。全体的に復興人材についてはそういう時期に来てるのだろう。私の話が果たして「これから東北に行こうか」と考えてる人の背中を押すことになるのかどうか、微妙ではあるが、でも迷っているなら来たほうがいい、とは思う。私も、近い将来「サラリーマンという安定した身分」を手放すことになる可能性が高い。不安がないといえばウソだが、それはたぶん、単に経験がないから、だと思ってる。

(※)チャーリーズ・オバチャンズ構想:能力も体力も経済力もあり、かつ単身で身軽な都市部のプロフェッショナルおばちゃんグループが、地方で課題を抱えている団体に乗り込んで(受け入れていただいて)一定期間にバキバキと仕事を片付けていくという構想。形態としてはおそらく必殺仕事人に近いが、イメージとしては映画にあやかりたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中