車はお金がかかる

そろそろ12歳?にならんとする愛車しんじ君。いくら期間限定のお試し移住でも車は必須なので、福島に来て最初に買ったものだ。そもそも軽x四駆x中古は在庫が少なく、冬タイヤも必要だったので、保険もいれて初期投資が70万近くかかったのは若干想定外であった。

DSC_1473そのしんじ君、もともと静かな車ではなかったが、最近妙にエンジン音がうるさくなり、今朝は明らかに異常音が。これはまずいと午前中から仕事を失礼して2年前の購入店へもっていくと、なーんとマフラーが途中でぽっきり折れていた(写真)。どうりで改造車のような爆音がしたわけです。そのお店、急に持って行ったのにすぐに見てくれ、さらに代車まで用意してくれた。その代車がほぼ新車。ナビこそついてないが、ベアミニマムのしんじ君に比べると「おおっ」と思うような立派な仕様だ。これで週末遊びに行けたらラッキーと思っていたが、夕方には電話があり、修理完了だという。マフラー新品にとりかえて工賃込みで5万円弱。数か月前には給油のハッチがあかなくなって2万くらいかかった。まったく車にはお金がかかる。次の車検で買い替えかな。本格移住するなら最初から新車を買えばよかった、とも思うがしかたない。

地方暮らしに車は必須だが、車社会で単身はやはり少々不利である。車で迎えに来てくれる人がいない、ということは行動範囲を狭めるのである。お金で解決できないことはないが限界がある。そのほか、一軒家の手入れにしても畑仕事にしても、イナカには一人でやるより二人以上のほうが物理的に楽なものごとが多いのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中