それでも人はコメをつくる

キーウィをたくさんいただいたので、ジャムにした。こちらでは食べ物、とくに野菜をよくいただく。福島に限らず、少しイナカにいくと、兼業農家つまり自家消費分の米や野菜くらい自分で作っているサラリーマン家庭はめずらしくない。役場の職員でも、(原発事故で避難するまで)米と野菜は買ったことがなかった、という人が結構いる。親が田んぼをやって、サラリーマンの息子は田植えと稲刈りのときだけ仕事休んで手伝うみたいな、二世代・三世代同居だからこそできる「ぜいたく」だ。

12111956_10207775313770028_7109728344491508631_n (1)

単身で兼業農業はなかなか厳しいが、小さな畑くらいできれば、食糧危機の心配も減る。日本の食料自給率が低いと騒いでいるが、野菜に限れば自給率は8割だというから、なんちゃってベジタリアンの自分は自給率5割を超えてると思う(ほんとの自給率アップには自分で作らなきゃだが)。問題は粉モノだ。日本人、ご飯つぶ食べなくなってパン食が増えてるのに、どうしてもっと小麦作らないんだろう?これだけ減反してもなお、日本のイナカの風景を占領しているのは、やっぱり圧倒的に水田なのだ。四国のイナカに行ったときも、急峻な斜面にへばりつくように、幅わずか2メートルくらいの棚田がつくられているを見て、東京から視察にいった我々は、「それでも人はコメを作るんだ」と感心したのを覚えている。補助金とかいろんな理由があるのだろうけど。(写真は仕事場の近所の田んぼ)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中