産直生活とフードロス

週末に買い出しにいく産直では、カット野菜なんてものはない。大根にしろ白菜にしろキャベツにしろ、ドーンとまるごと1個120円とかで感動するのだが、ドーンとまるごと1個を消費しなければならない。カボチャなど、東京では1/4にカットされたのしか見たことがなかったが、こちらはホールが基本である。もっともいろんなサイズがあって、一番小さいのは直径10センチ以下のもあるが、それでも結構食べでがある。

先週末は子供の頭くらいあるカリフラワーを買ってしまったので、今週はカリフラワーづくし。自炊すると一定期間同じものを食べ続けねばならないのは単身者の宿命だが、産直で仕入れるとそのスケールが一段アップする感じね。もちろんスーパーに行けば小分けにした野菜を買えるのだが、なんとなく地方暮らしの良さ=「産直のとれたて野菜」みたいな公式が頭のどこかにあって、こうなる。DSC_1520

もうひとつ、食べ物を捨てることにものすごく罪悪感を感じるタイプなので、1週間よく考えて、金曜日までに生鮮食材はなるべくきれいに使い切るようにしている。土曜日に野菜箱も冷蔵庫もほぼカラにできると、これが結構快感なのだ。そしてこれも産直生活だとハードルあがるんで、そのぶん快感も倍増するんである。(写真はこちらにきて初めて知った三五八(さごはち:塩・麹・米がこの割合でまざったもの)の漬け床。夏ならキュウリやナス、今からは根菜類を漬けて冷蔵しとけば少しは長く食べられる。まろやかな塩味が好き。)

ついでにフードロス(食料廃棄)の問題を少し。これは食い意地の張った私の一大テーマである。関心を持つきっかけとなったレポートを出版元の許可を得て訳したものを紹介させていただく。

Global Food- Waste Not, Want Not 世界の食料事情―「もったいない」の実践を

世界では40億トンの食料が生産されてるが、その3~5割は人の口に入る前に、喪失または廃棄されている、という話だ。もったいない、世界にはまだ飢えて死んでいる人がいるのにけしからん、というだけではない。その食料を生産して市場に届けるまでに使われた土地、水、そして電気、燃料、それらエネルギーを生産するために使われた資源、ぜんぶドブに捨ててるということなのだ。原発の是非を考えることはエネルギーミックスを考えること。つまり我々全部でどんだけエネルギー必要なのよ?という問題を議論する際には、ぜひこのドブに捨てているエネルギーの存在を考えてほしいものだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中