虫好きのあなたへ

イナカ暮らしは「虫との闘い」を免れない。と聞いていたし、その覚悟でいた。

以前東京でマンションの1階に住んでいたとき、猫の額ほどの芝生庭があって、隣に少し木も生えていたせいか、夏の蚊には悩まされた。台所にあまり食べ物はなかったのだが、おそらく外から進入してきたのだろう、ゴキちゃんもひと夏に1~2回は見かけた。

DSC_0946いま住んでいる二本松のアパートも1階(ちなみにこのあたりの建物で3階以上はほとんどない)。となりは田んぼ。住み始めたのは極寒の2月だったから猶予はあったが、春になったら何が出るんだろうとおっかなびっくり。職場のみなさんからも、「白い洗濯物を干しておくと〇〇がびっしり」とか「サッシの窓に〇〇がいっぱい」とかかなり脅され、昨年はしっかり心の準備を整えて1回目の夏を迎えた。

ところがシーズン終わってみれば、なんとゴキはもちろん、蚊すら全く見かけなかったのである。網戸に小さな羽虫がポツポツくっついていたり、大きめのカトンボみたいのが玄関先に陣取っていたことはあったが、それ以外はなんだか拍子抜けするくらいバグフリー。そして今年の夏も、やっぱり一度も蚊には刺されなかった。「もしかして放射能で生態系に異変?」という方向で考える人も中にはいるかもしれないが、おそらくこれは単純に、「近くに淀んだ水たまりがない」ということなんだろう。田んぼの水は実はきれいなのだ(当たり前だが)。

そのかわりと言ってはなんだが、散歩で道を歩いているといろいろな生物のご遺体を見かける。親指ほどの毛虫、ミミズ、カエルはもちろん、ヘビもけっこう犠牲になっている。最初はドッキリしたがだいぶ慣れた。(写真は昨夏の散歩の途中に見かけた美しいクモ。ご遺体ではなく見事な巣にお住まい中。…あ、クモは虫じゃないけど)

でも、平地の紅葉もそろそろおしまい。夜の気温が一ケタになってくると、もう虫も爬虫類も活動休止の季節だ。冬が始まる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中