バイリンガルは目指せるか

先日、パソコンに向かって「なんだべ、これ」と独り言をいっている自分に気づいた。

福島弁ラインスタンプ1.JPG

イナカにいくとお年寄りの話している言葉がわからない、とはよく聞く。私もそうだった。はじめのころ、自宅近所を散歩していたら、田んぼ仕事をしていたおじいさんが声をかけてくれたことがある。…聞き取れない。一度聞き返したが、やっぱり聞き取れない。いや、聞き取れてはいるが意味がわからない。二度聞き返す勇気はなく、きっと「どこへ行くんだ」と聞かれているに違いないと想像し、「ちょっとお散歩です!」とニッコリ笑って足早に通り過ぎた。おじいさん、なんか妙な顔をしていたような気もするが、よそ者だとわかって許してくれただろう(たぶん)。町の広報誌の取材で80代のご夫婦の話を聞きにいったときも、最初は2割くらいしか理解できず、マジに焦った。2時間も話していると多少は慣れてきたが、それでも地元出身の職員が同行してくれてなければ、原稿は書けなかったと思う。2年近くたった今は、そうだな、7割くらいはわかるようになっただろうか。

一方、若い人たちは、当然みんな地元語と標準語のバイリンガル。大阪人はたいてい誰と話すときも憚りなく大阪弁だが、こちらのみなさんは「よそ者」と話すときと地元同士で話すときでは言葉をちゃんと使い分けている。とはいえ、アクセントの強弱はやっぱり人によって差があって、これがなかなか味があるんだな。

逆に言えば、よそ者は言葉でわかってしまう。もちろん移住者は正真正銘のジモティにはなれないし、なる必要もない。外国じゃないんだから標準語さえ話せればどこへ行っても事は足りる。のであるが、現地の人と「共通の言葉」を持っている、というか持とうとしているかどうかは、ある程度「暮らし心地」を左右するような気はする。

でも外国語と違って学校で習うというわけにもいかず、みな私との会話はほぼ標準語なので、ジモティ同士の会話を耳で聞いて覚えるしかない。なんちゃってジモティへ、ローカル語習得の道は長い。「なんだべ」くらいではまだ序の口だ。

(画像は「イケメンde福島弁」のLINEスタンプ120円。的確な英訳がついていて便利)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中