女ひとりで京都にいった理由

京都にいってきた。

高校時代の友人がやっているロシア料理の老舗、キエフというレストランで、毎年この時期、原田真二さんのディナーライブがある。福島生活初年度の昨年はスキップしたが、今年は2年ぶりに参加を決意。初めて夜行の高速バスに乗って京都へ向かった。この夜行バス、新幹線より4割安いし、なにより寝てる間に移動できるというのは効率的。どんな環境でもぐっすり眠れる人なら断然おススメである。が、オバサンにとっては正直そろそろ体力的にきつい感じがしました、はい。

さて、音楽家の原田真二さんですが。

1977年のデビュー当時はアイドル扱いでテレビに出まくっておられたので、私の世代ならだれでも名前は覚えてると思う。私がつたない紹介をするのもなんなので、プロフィールやディスコグラフィは公式サイトをご覧いただくとして、何が言いたいかというと、この方デビューして38年間、ずっと同じメッセージを歌い続けているんである。それも平和とかやさしさとか、愛は地球を救う的な、ストレートに言われると少々照れくさいようなメッセージ。

かくいう私も、実は途中30年ほど彼の存在を忘れていたのだが、大震災のあった2011年になぜか突然思い出し、そこから「失われた30年」を一気にキャッチアップしてみて(動画サイトよありがとう)、びっくらこいたのである。この人、ずーっと同じこと言ってると。もちろん年代によって言葉遣いや音の作り方は変わっているのだけど、コアは同じ。音楽で世の中を良い方向に変えられると本気で思っている。とことん性善説。とことんポジティブ。実際、彼の楽曲で聞いていて暗くなるものは一つもない。

なにごとも自分の心次第で見え方が変わるとか、宇宙の視点を持つことの大切さとか。逆に、二十歳そこそこの若者がこういうことを歌っていたというのもスゴイよなと思う。愛と平和みたいな直球を投げる人をナイーブと呼ぶのは簡単だが、シニカルに構えるだけで何もしない人々より私はなんぼか尊敬する。

東日本大震災で原発が爆発したとき、私は福島から200キロはなれた東京で生活していた。東京でもみな大なり小なりストレスを受けたと思うが、私はあの数週間、身体はもちろん心までカチカチになってしまって、苦しくてしょうがなかった。そのカチカチの正体は「怒り」だと気づいて、いろんなものを赦さなければと思った。国も東電も赦そう、買い占めに走る人々も、彼らを赦せない自分も、みんな赦そう、などと当時facebookに書きこんだのを覚えている。でも怒りをリリースするってなかなか難しい。

そのとき三十数年ぶりに聞いた曲が、原田さんのcarry onという曲だった。

Carry on, carry on 動き続けろ 悩みと憎しみ捨てて

Carry on, carry on 愛し続けろ あなたは微笑む、必ず

…けだし名曲。これを聞いてなんだか救われた気がしたのだ。(聞きたい方はググってください。似たタイトルの曲もあるのでご注意を)

DSC_1537その後2年は、追っかけというには程遠いがけっこうライブに通った。ライブで原田さんは必ず、「一人ひとりができることをやろう、どんなに小さなアクションでも必ずまわりに影響を与える」という意味のことを言う。そして私は、その言葉になんとなく背中を押される感じで、気がついたら福島に来て復興支援の仕事をしていた。

もちろん福島に来たのはそれだけが理由じゃない …というか、すいません少々盛りましたm(__)m が、かなり影響を受けたのは事実。ちなみに原田さんは、現在でも定期的に東北の被災地へ赴いてチャリティライブを行っている。

京都のディナーライブへ行くのは今回が3回目だ。もちろん原田さんが目当てではあるが、半分はそのレストランをやっている友人に会いに行くようなもの。今回も友達の友達の輪がひろがって、かなーり楽しい一夜となった。無理して夜行バスでいった甲斐があったというものである。(写真は二次会のお茶屋さんにて)

以上、本日は私の地方移住のきっかけのきっかけのお話でした。

広告

女ひとりで京都にいった理由” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中