靴を脱いで上がる店が多い件について

昨日は、こちらに来てから知り合った郡山ネイティブのお友達とランチ。二本松まで来てくれたので、近所(車で20分は近所です)のお気に入りのうどん屋さんとカフェをはしごした。どちらもメインの国道から岳温泉に向かって山の方へ向かう道沿いにある。この道は木々に囲まれてなかなかすてきな雰囲気の飲食店が点在していて、一説には『あだたら高原グルメロード』と呼ばれているらしい。種類は、そば屋、うどん屋、パン屋、ピザ屋、カレー屋など。どうも「屋」をつけてしまうと「グルメ」という響きと相いれないものになってしまうが、程度の差こそあれ、どの店もそれなりのコダワリ10277818_10203654592274566_1847180232774242930_nをもってやっているようである。

現在のマイタウン二本松市近辺の飲食店は、駅前の一部を除いてたいていが一軒家だ。この「グルメロード」のお店たちのように、少し山の方に行けばオーナーさんの住居を兼ねてるらしいお店も少なくなく、お宅に上がる感じで靴を脱いで入る。座敷で窓外の緑(いまは茶色)を眺めながらまったりしていると、ああこんなところが近所にあって幸せ、移住してよかった、とか思ってしまうわけだ。それが友人とのおしゃべり付きならもっと良し。

ちなみに、靴を脱ぐといえば、こちらでは町中の居酒屋でも入り口で全員靴を脱がされるところが多いような気がする。そして通される先はたいてい座敷なのだが、掘りごたつ式に出会える確率はかなり低い。私は、休みの日はともかく、平日の仕事着としては下半身が隠れる長めのスカートを愛用してきたため、この座敷での宴席が結構つらい。先週は庁外の人たちと懇親会だったのだが、うっかりタイト気味の長スカートで臨んでしまった。いい気になって普段あまり食べない動物性たんぱく質を食べすぎ、途中からお腹がおかしくなったこともあり、畳の上に横座りしているのはかなりしんどかった。最後は初対面の人々を前にかなりしどけない姿になってしまったのだが、なんとも仕方ない。

長いスカートは、実は車の乗り降りにもけっこう邪魔なので、東京仕様のワードローブを、そろそろパンツ中心の福島仕様に転換すべきなのはわかっている。が、そのためにはまず脚を一回り細くせねばならない。グルメロードをはしごしたらその分運動!すればよいのだけども、この寒い時期はどうもねー。ジムとかヨガスタジオとか、そういうものは近所にないし。100%理想的な環境というのは、なかなか難しいもんだ…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中