はじめての、別れの季節

大学を卒業してから、東京での宮仕え四半世紀の間、4月~3月という日本の一般的な年度サイクルとは無縁の生活をしてきた。勤めたどの会社も、会計年度の始まりは6月とか1月とかだったし、一斉に新入社員が入ってきて、一斉に定年退職者が去っていくという職場も経験したことがなかった。人は年中出入りしていたから、もちろん送別会や歓迎会はあったが、ごくシンプルなものだった。

DSC_0011

それが、福島に来て小さな町役場というところで仕事をしてみて、日本では3月が別れの季節なのだということを改めて実感している。

昨日は、役場を定年退職する人たちや他自治体などから1~2年の任期で派遣されていた人たちへの感謝状贈呈と送別の会があった。送別会というのは飲み屋でやるのではなく、卒業式のようにちゃんと「送る言葉」があり、送られる一人ひとりが挨拶をする正式な行事だ。定年退職者の中には、39年以上勤めあげた人もいる。さぞやいろいろな経験をされてきただろう。特に震災以降の5年間の苦労、最後が全町避難中の仮庁舎でのお別れとなったのは、本当に気の毒だと思う。役場で3月を迎えるのは実は3回目なのだが、今年は少し違った。挨拶を聞いていて、涙が出たのはそれこそ卒業式以来だった。

福島のこのあたりでは、梅と桃と桜がいっぺんに咲く。木蓮のつぼみもだいぶ膨らんできた。別れがあるからこそ、花々はいっそう愛おしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中