正真正銘、ふくしまライフ

地方暮らしの良さのひとつは職住接近、と思っている人は多いだろう。たしかに、福島県二本松市に来てから私の通勤時間は車で10分だった。…今月引っ越す前までは。

福島市に中古のマンションを買ったのは2月だったが、ちゃんと引っ越したのは2週間ほど前のこと。でも勤め先は変わっていないので、渋滞する朝の通勤時間はなんと5倍超(10分→50分超)になったのだ。もちろん承知の上のことだし、満員電車の50分とは違うので、長さ自体は大して苦でもない。が、お天気のいい日の朝に布団を干してきて、お昼休みに取りこみに帰る、みたいなことは不可能になった。

地方では東京よりも職住接近が実現しやすいのは事実だが、みんながみんな通勤時間10分というわけではない。こと福島県の場合、まだ原発の近くから強制避難している人も多いので、いろんな事情で通勤に1時間以上かかっている人は決して少なくないと思われる。

さて、人口5.6万人の二本松市から28万人の福島市に引っ越して、まず違うことは、車の運転にこれまで以上に気を遣うということだ。なぜならば――道を人が歩いているから!道行く歩行者数および自転車数は、あきらかに、トカイ度合を測るひとつのバロメーターである。今回の新居は駅から徒歩圏内のためか、周辺には夜暗くなってからも歩行者や自転車がいる。これはかなり新鮮だ。(といっても、タクシーが流しで営業できるほどは歩いていないのだが)

ちなみに、東京で「福島」というと福島県の意味だが、県内で「福島」といえば福島市を指す。ちょっと紛らわしいときもあるが、このブログ「life in fukushima」は、福島市に引っ越したことで県民感覚でも正真正銘の「福島暮らし日記」となったわけである。

その福島市、5年前の東日本大震災で、県内は内陸部でも震度6強を観測した地点がある中、市内の大部分が震度5強どまりだったという。地盤が比較的固いらしく、同じ人口30万規模の郡山市やいわき市と比べると、全壊の建物数は一ケタ少なかったようだ。でもそれだって、今回の九州のように繰り返し大きな揺れが続いたらどうなるかわからない。生きている地球の莫大なエネルギーの前に、人間の力なんて所詮ちっぽけなものだが、それでもできるだけの備えはしておこうと、あらためて思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中