次は「土地に定着しない家」!

今年のゴールデンウィーク、前半は実家で奉公、後半はおとなり茨城県に小旅行した。なぜ茨城かというと、友人が移住したからである。このブログでも何回か紹介しているノマド型単身移住の先輩Mさんだ。このたび九州から引っ越してきたのは、関東にいる親御さんが昨年病気をされ、さすがに飛行機に乗らないでも帰ってこられる距離に、ということだそうである。

私も先月、新幹線に飛び乗れる福島駅近に引っ越したのは、昨年母が大病を患い、父もだいぶ弱ってしまったことが理由のひとつである。やはり単身移住の諸条件として、親の問題は外せない(だったら帰って一緒に住めばいいじゃないか、というのはまた別の話なのね)。

そういうこともあって、Mさんは年齢も移住歴も先輩だがいろいろ話が合う(と後輩は勝手に思っている)。で、GWは茨城の新居に押しかけさせてもらうことにしたのだ。東京から参加したKさんも加わり、元の職場を同じくする女3人が集まれば話は尽きない。(写真はMさんお手製ごちそうの数々)DSC_0180.JPG

私とMさんで盛り上がった話題は例によって「次の住まい」だが、今回は期せずして二人とも「トレーラーハウス」を考えていることが判明した。

このブログで家探しの顛末の一部を披露した際、「買ってしまったのはマンションだけど次こそ一軒家」みたいなことを書いたが(その話はこちら)、このたびの熊本地震をうけて、同じ一軒家でも「土地に定着しない家」にしようと、思い至ったのである。もともとノマド志向(思考)のMさんもその点で意気投合し、近いうちに展示場を見に行こうという話になった。

もともと家はそんなに広くなくていいし、子供に遺すという必要もない。なにより「移動の自由」は私らのような人種にとっては至上の価値である。先日帰京したとき、久々に大学時代の友人Aさんに会ったのだが、彼女も以前トレーラーハウスを検討したことがあると言っていた。やはり時代の流れじゃないかしらん?

トレーラーハウスにももちろんプロコンあるから、これからゆっくり勉強するつもりだが、ぼちぼち本気で土地を探して還暦から先に備えようと思っている。興味のある方はこちらの顛末もぜひお楽しみに!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中