ふくしまホリデーの過ごし方

ゴールデンウィークは少々散財したので、最終日はサイクリング+図書館の一日に。久々にしんじ君2号(自転車)の出番だ。

県庁所在地・福島市には、県立の施設がたくさんある。県立図書館と県立美術館(つながってる)は、我が家から自転車で15分ほど。後ろに信夫山(しのぶやま)をひかえたこの場所は、なんとなくいい「気」が漂っている感じで、私の好きな場所だ。山といっても標高275メートルの「丘」みたいなものだが、街の真ん中にこれがあることで福島市街全体の雰囲気が落ち着いたものになっている気がする。

DSC_0200

先日、家の近くにこれまた落ち着く雰囲気のカフェを発見したのだが、そのオーナーさんいわく、この信夫山があるために福島市中心部には公園が作られないんだとか(信夫山があるからいいじゃん、という理由で)。たしかに街中に緑地は少ないが、駅から20分も歩けば気持ちのいい河川敷に出るし(下の写真)、そのそばには田んぼや畑が広がっている。べつに整備された公園がなくてもいいんじゃないかしらん?

DSC_0199

ちなみに東日本大震災のとき、県立図書館のほうは屋根の一部が落ちたりガラスが割れたりなどの被害があったが、隣の美術館はほとんど無傷だったそうだ。同じ建築家が設計したにもかかわらず、守るべき収蔵品の価値によって作り方が違ったんですよねー、というのもそのオーナーさん情報。

この日、美術館はフェルメール展の最終日とかで混雑していたが、隣の図書館の方はいつものようにゆったりしていた。ソファーに陣取って2時間、スピノザの解説本を1冊読破し、帰りにはパラレル宇宙のハードカバーを1冊借り出し。これ、全部タダだ。いや全部税金なんだけども、なんだかたいへん有難く思える。実は最近まで、私にとって本は買うものであり借りるものではなかったのだが、地方移住で節約を考えるなら、こういう公共のアセットを利用しない手はない。

ただ、原則2週間が返却期限だから、ハードカバーなんか借りたら急いで読まなきゃいけない。ブログ書いてる場合じゃないぞー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中