一日一初(3)初めての「小鳥の森」

連休の中日はお天気もはっきりせず、スロースタート。遅い朝食の後、うっかり大人の塗り絵を始めてしまい、気づくと昼になっていた。おひとりさまは誰に気兼ねもせずこういう時間の過ごし方ができるが、そのぶん自己嫌悪も半端ない。これではいかん、外へ出ようと、まずはお気に入りの県立図書館へ。エルンストの解説本を返却し、迷ったあげくいつもと同じような宇宙の本とスピノザの本を借りてきた。

建物を出たら晴れてきたので、しんじ君1号でなく2号(自転車)で来ればよかったと一瞬後悔したが、気を取り直して、初めての「福島市小鳥の森」へ向かう。その名のとおり、小鳥がたくさん見られる場所らしいが、んーなんとなく落ち着かないネーミング。福島市小鳥の森。何丁目ですか?みたいな。東京にはたしか「野鳥公園」というのがあったが、「ふくしま小鳥の森公園」とか「福島市バードウォッチングセンター」とかにしなかった、何か理由があるのだろうか。

ま、いいや。

結論から言うと、ほんとにバードウォッチングしたい人は、いちばん鳥の姿が見えやすいという冬に行くのがおすすめ。今の時期、葉が茂ってまず姿は見えない。私は別に鳥好きでもないので、森の中を歩くだけで気持ち良いのだが、やはりこの時期は蚊に追いかけられてあまり快適ではなかった。トレイルは4本あって、アップダウンのある1~2時間のコースもあるという。でも、思いつきで来てしまったこの日は足元がサンダルだったため、いちばん短い平坦なコースを30分ほど歩いておしまい。ついに鳥の姿は見かけなかった。

園内の真ん中にはネイチャーセンターという建物があって、親切なスタッフが2人。鳥のことは聞けばなんでも教えてくれそうなお兄さんとお姉さんだったが、私が相手では説明し甲斐もないだろうから、パンフレットだけ頂いて帰ってきた。作った人、ほんとに鳥が好きなんですね、というのが感じられるパンフ。

DSC_0338

ちなみに、この森でも空間放射線量をちゃんと計測している。リアルタイムのモニタリングポストはなかったが数日前の計測値が手書きで表示されており、0.4マイクロシーベルト毎時くらいだった。東京が0.04だとしたら単純に10倍だ。もしこの森に24時間365日たたずんでいたとしたら、年間被ばく量は3.5ミリシーベルト。政府は、100ミリ以下の低線量被ばくの健康への影響は、他のリスクにまぎれて分からないほど小さいと言っている。国の除染目標は20ミリシーベルト。放射線管理区域は5ミリシーベルト。あとは自分で判断してね、ということだ。私はこの程度なら気にしないが、小さい子供を連れてわざわざ来なくてもいいと考える人が多くても不思議はない。(福島の放射線量についての以前の記事はこちら

だからかどうか、この日も日曜の午後だというのに私のほかに「小鳥の森」の来場者は見かけなかった。少々悲しい気分でこの日の「お初」はおしまい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中