「コイン精米」初体験の巻

農産物はなるべく産直で買うという、おひとりさまにはすこぶる非合理的だが移住組にはありがちな決意に従って、お米も必ず産直で買う。といっても、最小の5キロ袋を買うと半年近くもってしまうのと、その間さらに他人様からお米を頂戴したりするため、地方暮らし2年半でまだ3回くらいしか買っていない。

DSC_0410

前回買ったのはこの春のこと。それまでは白米を買っていたが、このときは夏場の保存を考えて玄米にした。イマドキの炊飯器は手軽に玄米も炊けるので、先月までは玄米のまま炊いていたが、どうもこれだけ暑いと玄米は重たい。やっぱり精米しようと思い立ち、気になっていた「コイン精米」という施設へ行く。

二本松市に住み始めた当初、田舎道の角に電話ボックスのように立っている「コイン精米」というものを初めて見て、軽いカルチャーショックを受けたものだ。農家さんは自分のところで精米できるだろうし、農家でない人は白米が食べたければ白米を買えばいいじゃないか。いつだれが使うのかわからなかったのだが、なるほど、こうやって使うのね。

DSC_0373

などと一人で合点しつつ、さすがに今の住まいがある福島駅近の町角にはコイン精米機は見かけないので、車で15分の産直の敷地内にあるやつへ直行する。人生初の精米体験だ!もちろん無人なので説明書きを読みながら操作する。10キロまで100円だそうで、まず100円球を投入。精米度合いも3段階で選べるんだな。

次に米を投入。ってどこに?玄米の投入口と白米の出口の位置関係に悩み、1分ほど逡巡したが、まあそんなに難しいわけはなかろう。こっちだろう、と思った方に入れてスイッチを押したら、2,3キロの精米なんてあっという間だ。

DSC_0377そして、白米とともに出てくるのが糠である。糠がたまっているドラム缶ほどの容器の上には、「ご自由にお持ち帰りください」の表示が。イナカっていいなあ。糠は健康オタクが大好きな発酵食品の素である。私も健康オタクの端くれであるので、もらって帰りたかったが、あいにく容器がなかったため断念した。

と、ここまで2週間ほど前の話である。

先週末、リベンジで糠だけもらって帰り、さっそく糠床を作った。むかーし、人に糠床を分けてもらって漬けていたことはあったが、生の糠から作るのはこれも人生初だ。まあ、だれがいつどんな米を精米してできた糠かわからないし、疑ってかかればだれが何を混入させているかもわからない。気になる人にとっては正気の沙汰ではないかもしれないが、私の場合は好奇心が勝る。

まだ全然熟成していないから、今日あたり捨て漬け野菜をかじってみてもただの塩漬けだ。コイン精米の素性不詳の糠でおいしい糠漬けが作れるのか、来週以降のお楽しみである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中