しんじ君が新しくなりました

愛車しんじ君が二代目になった。こんどはコンパクトながら普通自動車である。

DSC_0581

別に事故や故障で代替わりというわけではない。

先代のしんじ君を郡山のディーラーで購入したのは、かれこれ3年前である。基本、職場と近接したアパートとの往復にしか使わない前提で、迷いなく中古のミニマムな軽自動車を探した。といっても、雪が降るからと四駆にだけはこだわったら意外と選択の余地がなく、新しい冬タイヤ、保険など諸々込みで、10年落ちでも70万近くかかったと記憶している。もともと約1年のお試し移住のつもりだったから初期費用は抑えたかったのに、すでに最初から予算オーバーであった。

その後、1年限定で応援に入ったはずの自治体の仕事は、請われるまま延長に次ぐ延長で(有難いことに)、気づけば3年近くが経過。途中でマンションまで買ってしまい、その時点で往復10キロだった通勤距離が50キロに伸びていた。加えて人が訪ねてきてくれることも増えて、たまには4人乗せてドライブできるといいよね、とか、たまには高速道路も長時間走れると便利だよね、という、軽自動車にはちょっと苦しい場面が重なってきた。

そこで先月、念願の?プチリタイヤで福島暮らし第二章が始まったタイミングで、しんじ君も普通自動車へと代替わりさせたのである。先代は、購入時点で予算オーバーだったのにこの3年で2回の車検とさらに4回の故障入院。こんなことなら最初から普通自動車の新車でも買えばよかった、と思わないでもないが、人生は予想外の展開の連続だ。致し方ない。

二代目しんじ君はエンジン1300㏄のいわゆるコンパクトカーで、このたびはふつうの前輪駆動車である。この辺たしかに雪は降るが、スキー場などには一切近づかない私にとって、「四駆でよかった」と感じる場面はひと冬に1回あるかないか。四駆はかえって燃費が悪いだけ、ということを学んだ結果だ。燃費にこだわるなら、みんなが乗ってるハイブリッドにしようかとも考えたが(福島には全国平均より絶対ハイブリッドが多い…ような気がするという記事はこちら)、ハイブリッドは中古であってもやはり相対的にお値段が高く、諦めた。もっともイマドキのコンパクト車はかなり燃費がよいらしいので、満タンで職場を何往復できるのか記録しているところである。

ちなみに、私が運転免許をとったのはたしか大学1年だったから、もう30年以上も前のことだ。当時の自動車にはカーナビもキーレスエントリーもなかった。パワーウィンドウすらまだ珍しかったのではなかろうか。3年前福島に来て、必要に迫られてハンドルを握ったのは実に20数年ぶりだったのだが、先代しんじ君の装備はたいへんベーシックだったから、数十年のギャップをまったく感じずに済んだ。

DSC_0572

ところが、今度の二代目は中古ではあるがまだ3歳と新しく、見慣れない装置がたくさんついている。

まずはキーを差し込まないでもエンジンがかかるのに驚いた。カーナビはそれなりに便利と思うが、ギヤをリバースにするとその画面がバックモニターというものに切り替わる。それを見ながら車庫入れするらしいのだが、なんだかなおさら曲がってしまう。全体に「エコ」を意識した車なのは有難いが、リアルタイムで燃費がチラチラ表示されるとかえって気になり、運転に集中できない。ガソリンスタンドで給油ハッチのレバーが見つからず焦ったら、ドアロックを解除するだけでいいそうな(爆)。

…二代目しんじ君と仲良くなるには、もう少し時間がかかりそうである。(そもそもなぜ「しんじ君」なのか疑問に思った方は、こちらの記事をどうぞ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中