国保税の通知を見て卒倒しそうになった件について

30年ちかいサラリーマン生活の間、「平日の休み」というのはゼイタクなものであった。これまででいちばんのゼイタクは約3年前、前職を辞めて復興庁の任期付き職員として全町避難中の自治体に派遣されるまでの、2か月間の有休消化である。その間に新天地で物件を探し、引越しし、車を買い、土地に慣れるため周囲を探検し、合間には京都にも旅行した。それでも最後は時間を持て余してしまったので、新しい勤め先となる役場に2週間ほど早く「ボランティア出勤」させてもらったのだった。

リタイヤ移住でなく転職移住であっても、こうして間にバッファ期間が長くとれたことで、身体的にも心理的にもかなり楽だったと思う。有休をたくさんくれた前の職場には大感謝である。考えてみれば給料をもらいながら休暇がとれるなんて、まったくサラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ(by 植木等)。無論、過労自殺を引き起こすようなブラック企業は問題外だれども。

DSC_0664さて、9月末、そのサラリーマンを半分卒業して週3日のパートになった。自由になる時間が増えたのと引き換えに、有休はもちろん、勤め先に半分払ってもらっていた年金や健康保険など、フルタイム宮仕えの特典をすべて手放すことになった。

もちろん承知の上である。承知の上ではあったが、実際に福島市から徴収の通知がくると、なんとも心が乱れてしまう自分がいた。住民税も年金保険料もはじめから額はわかっていたが、天引きされるのと自分で銀行からおろして払込票を書くのとでは、なぜこうも負担感が違うのであろうか(笑)

そして健康保険税に至っては、まったく青天の霹靂であった。もちろん、労使折半がなくなることも、加入していた公務員共済は料率が低かったことも知っていた。だから大よそ2.5倍目安で想定していたのだが、届いた通知にびっくり仰天。1回の支払い額がいきなり6?!?!

少し冷静になったら、6か月分を4回に分けて払うので1か月分に直すともう少し減ることに気づいたが、それでも想定を大きく上回る4倍弱である。なにかおかしいんじゃないか?と思い、納付書に同封されている書類の、ふだんは読まない小さい字をたくさん読むと、そうか、国保の場合は(当月のお給料ではなく)前年度の所得が基本になってるのね…

考えてみれば他にベースになるものがないから当たり前なのだろうが、サラリーマン一筋の私にとって、恥ずかしながらまったく新しい情報だった。そして私の前年度の所得は、たまたま東京のマンションを売却したため一時的にかなり膨らんでいたのである。サラリーマン卒業と引き換えに手に入れたゼイタクである「平日昼間の自由時間」を利用して、念のため市役所に電話で確認したが、やっぱりそういうことであった。

うーむ。あと半年、年度末まで卒業を待てば30万も負担が少なかったのか…。ま、その気になって調べればネット上にいくらでも情報はあるのに、調べずに今ごろビックリしてもしゃーないわな、これは。

しかし、だからといってこのタイミングでパートになったことを後悔しているかというと、まったくしてないのであーる。Life in Fukushima第二章「プチ・リタイヤ編」は、これからが本番だもんね。^o^/ 

(写真は福島市内を流れる荒川の河畔。川沿いの遊歩道をよく散歩するが、先日たまたま、普段は歩かない方まで行ったらこのサインを見つけた。近くを通る新幹線の乗客に向けたものかと思うが、車窓から気づいたことはないなぁ…)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中