走ってみようぜ、私

先週、東京では観測史上初の11月の積雪となったそうだが、私の住む福島市街地では幸い雪はほとんど降らなかった。

福島市街地は盆地なので夏は暑く冬は寒いと言われる。今年の春に二本松から引っ越したとき、福島市の夏は熱風が吹くぞなどと脅されてシーズンを迎えたが、東京都心で8年間クーラー無しの生活をしたことがある私に言わせれば、あんなのは暑いうちに入らない。いたって快適であった。

こんどは福島市の冬は雪が多いぞと脅されているが、約3年前に東京から二本松へ引っ越してすぐ、地元の人が30年ぶりと驚いたドカ雪を経験しているので、なんだかもう怖いものはない(ような気がする)。

DSC_0678そして盆地なだけに、福島市街地はフラットで坂がほとんどない。坂だらけの二本松ではほとんど出番のなかったしんじ君2号(自転車)も、ここでは駅の向こうのショッピングセンターへ、図書館へと、けっこう活躍している。用事を足すだけでなく、運動がてら、市内を流れる荒川河川敷のサイクリングもなかなかよい。

そう、福島にも荒川という一級河川があるのだ。東京の荒川というと正直いってあまり清涼なイメージはないが(すいません)、福島のはたいへんキレイである。ちゃんと裏付けがあって、国土交通省河川ランキングなるものによると、荒川は6年連続、東北地方で「平均的な水質が最も良好な河川」なんだそうだ(2015年の資料)。2007年には日本一にもなったらしい。

河川敷はずっとサイクリング&ジョギングコースになっていて、上流に向かっていくと水源である吾妻連峰が行く手にそびえ、まことに美しい。下の写真(夏に撮影)のとおり、まさに「走ってください」と言わんばかり、全国のランナー垂涎のコースじゃないかと思うのだが、残念なことに実際に走っている人は休みの日でもほとんど見かけない。福島県は陸上競技が盛んと聞いているが、一般人は大して関心がないのか。

DSC_0199

かくいう私も、半分フリーになって時間ができたら30代のマイブームだったジョギングを復活させようと思っていたのだが、どうも腰が重くていかん。

12月に入れば福島も雪の降る日が増えるだろう。雪が積もったらジョギングもサイクリングもお預けになる。その前に一度くらい、この眺めを独占しながら走ってみようぜ、私。

広告

走ってみようぜ、私” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中