クリスマスだって寂しくないもん

先週後半は二晩連続で忘年会だった。どちらも電車で行き、おかげでいい気分で酔っぱらうことができた。駅から徒歩圏内に引っ越してよかったと思うのはこういうときである。さもなければだれかの車で送迎してもらう段取りをするか、タクシーなり運転代行なりにお金を払わなければならない。ローカル線のダイヤは1時間に1本以下と少々不便ではあるけれど、東京の最終電車のように酔っ払いで満員ということもなく、乗り過ごしさえしなければいたって快適である。

DSC_0773

寝坊した土曜日は、昼からコンタクトレンズを買いにぷらぷらと福島駅ビルへ。普段は食品売り場を除くとかなり人口密度が低いのだが、さすがに師走の週末。華やかなディスプレイが寂しく見えない程度に人がたくさんいて、いい感じである。館内の眼科の待合室は、私と同様レンズ処方箋を書いてもらう客でいっぱいで、家に帰ったらうがいをしなければ!と思うくらいであった。それでも待ち時間は東京で買うときの半分くらいだろうか。

福島市はこの辺のバランスがちょうどいいんである。

人口は28万人ちょっと。この規模だと全国(少なくとも地方ブロック)チェーンの店が出る。例えばスタバ、ユニクロ、無印良品。東京で作ったメンバーズカードがそのまま使えるコンタクトレンズのチェーンもあるし、優待目当てで株を買った総菜チェーンも駅ビルに入っているので、優待券をもらっても無駄にしなくて済む。(このあたりが、人口6万人に届かない二本松市では少々不便だったところだ)

10分で大型スーパーも大型書店も家電量販店もあるし、プラス10分走れば産直で旬の新鮮野菜や手づくり総菜が格安で買える。チェーンのスーパー銭湯もあるが、もうちょっと山の方にいけば本物の温泉が楽しめる。通勤渋滞はしても満員電車はない。人が多すぎず、不便過ぎず、かつ「定番」なイナカ暮らしの良さも味わえて、まことにちょうどいい。

ちなみにこの福島市、県庁所在地にもかかわらず人口ではいわき市と郡山市(ともに34万人前後)の後塵を拝している。郡山市が「県庁を郡山へ」というキャンペーンを張って以来、福島市とは東京と大阪のようなライバル関係にあるのだそうだが、外から見ればまあドングリの背比べである。JR東日本によると、2015年の渋谷駅の1日平均乗客数37万人超だったそうだから、3市とも渋谷駅の雑踏の1日分にも満たないわけだ。しかも渋谷のこの数字はJRだけであって、このほかに東急が45万人、東京メトロ21万人。ダブってカウントされる人数が多いとしても、軽く60万人は越えていそうである。

DSC_0779

まったく、この時期の渋谷なんて、きっとすごいことになっているんだろうなあ。

30代半ばの一時期、渋谷駅から徒歩15分くらいのところに住んでいたことがあって、毎日あの交差点を渡って通勤していた。いわゆるバブルの頃よりはだいぶ後の話だが、それでも夕方からの人混みは尋常でなく、仕事帰りでぐったりした金曜の夜など交差点を前に呆然自失、今日は家までたどり着けないかもしれないと半ば本気で思ったものだ。もうあんな人混みはノーサンキューである。

イナカの人間関係は近すぎて濃すぎて嫌だ、という人がいるが、東京の方がよほど人と人の間の距離は近い。物理的なスペースと心のスペースは反比例するんだろうか。

年末年始は地元・川崎の実家に帰って過ごす。渋谷ほどではなくても、なにやら再開発が進んでいる川崎駅周辺の混雑も大したものだ。めっきり弱って繁華街などへは出歩けなくなった両親に代わり、いろいろ買い物に出なければならなそうだが、あの混雑を思うとまことに気が重い…

(最初の写真:福島駅前のイルミネーションは、郡山駅前と比べて少し控えめ。ま、これもドングリの背比べね。それにしても混雑と無縁で快適。)

(次の写真:福島駅近くのパセオ通りという繁華街。歩行者数的にはまったく繁華してないが、路上に並ぶ代行サービス車の数がこの時期らしい。冬のパセオ通りを盛り上げるため10年前に始まったイルミネーション、電球は街路樹1本につき2000球だそうな。)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中