味噌とともに熟成を目指す

いま我が家には芋焼酎のボトルがある。ふだん家で飲むのは白ワインか日本酒。もっぱら醸造酒派の私がなぜ焼酎なのか。

それは味噌をつくったから!

先週たまたまお誘いを受けて「味噌づくり講習会」というのに参加し、生まれて初めて味噌づくりを体験した。基本、大豆を蒸して、米麹と塩を合わせたものと一緒に練り混ぜるだけ。余計なものが入らない分、原材料の良し悪しが味を決めるんだろう、くらいは私にもわかる。

有機農家さんの組織「福島県有機農業ネットワーク」主催の講習会であるから、当然、大豆も米麹も無農薬で育てられたものだ。蒸しあがった大豆はそれだけでバクバク食べられるほど甘くておいしい。

その大豆の生産農家さんは、7町歩(ちょうぶ、と読むんだよ)の田畑で有機農業をやっていて、コメや野菜も作っているという。1町歩=約3000坪で7町歩といったら、かなりの広さである。周りの農家が高齢化し、うちのところもやってくれと言われて引き受けているうちに、そんな広さになったのだそうだ。

農業は当然、天候に左右される。そのうえに有機農業は雑草や病気との闘いだ。1反の田んぼからとれるのは6~8俵(1俵=60㎏)だと言っていた。以前に勤め先で兼業農家の職員に聞いたときは、1反10俵と言っていたから、やはり無農薬では収量が少なくなるんだろう。

いま味噌、醤油、納豆や豆腐の材料になる大豆は大部分が輸入だそうである。「安い外国産に押されて」というのは何でも同じ。ましてや無農薬で作れば、価格競争力という意味では厳しいと思う。だれしも身体にいいものを食べたいが、背に腹は代えられないとなればそれまでだ。誤解を恐れずに言えば、「オーガニック」とは一部の「意識高い系」の人々に許されたゼイタクであり、マクロでみればやはりニッチ市場なんではないか。

自分は別に意識が高いとも思わないが、平日昼間から無農薬大豆と無農薬米麹と沖縄から取り寄せた海塩で味噌づくりができるなんて、やっぱりこれはゼイタクである(写真のベジランチも、調味料まで無添加という意味で超ゼイタク)。

DSC_0895さて、なぜ味噌に焼酎か?

大豆と米麹と塩を混ぜて練ったものを容器に詰めて熟成させるのだが、その容器を消毒するためだ。消毒用アルコールでもいいけど一番いいのは35度の焼酎、と聞いて、消毒用アルコールは飲めないが焼酎なら飲めるではないか、と買いに走った次第。(ただし私の好きな芋焼酎は25度のものしかしかなく、ちゃんと消毒できただろうか若干心配ではある)

この味噌、食べられるようになるのは10か月ほど先である。そのころ私はいったい何をしているだろう。味噌といっしょに少しは「熟成」してるだろうか。味噌の仕上がりとともにそれも楽しみだ。願わくば、顔より脳みその皺が増えんことを。

移住生活 ブログランキングへ

広告

冬眠したい…

寒いのは大嫌いなので、冬は嫌いだ。できれば3月末くらいまで冬眠していたいのだが、人間と生まれたからにはそうもいかない。それならどうして暖かい東京を去って東北に移住したのか?と言われれば、そりゃホントはもっと温暖なところでも良かったのだが、これもご縁というものだ。(いきさつはプロフィールで簡単に説明してるので、よかったらどうぞ。)

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%a7%85%e3%81%ae%e9%9b%aa%e5%83%8f実は福島県というところ、少し移動しただけで天気も気温もけっこう違う。厳寒・豪雪の会津地方はもはや別の国と考えてよいが、新幹線沿いの中通り地方でも、福島市と二本松市と郡山市とでは常に1~2℃、ときには5℃も差がある。それぞれ東京~川崎~横浜くらいしか離れてないのに、である。それも、位置的にはいちばん北の福島市のほうが暖かいのだから面白い。

暖かいといっても、今日の福島市の最低気温はマイナス3℃。東京にいたころは、3℃といったら凍えると思ったが、マイナス3℃を経験すると、ゼロより上は暖かいと感じるのだから人間の身体は順応するものだ。今週末は全国的に寒波だそうだが、福島市の予想はマイナス7℃だって~*o* 私が経験する最低気温更新かもしれない。

気温が低いのはまだしも、このあたりは中途半端に雪が降る。会津地方と違い、積もるといってもせいぜい十数センチの話だけれど、それでも通勤前の車の雪おろしに時間はかかるわ道路は渋滞するわ、勘弁してほしい。日帰りできる距離にスキー場があるという環境は、ウィンタースポーツをする人には天国かもしれないが、私はまったくノーサンキューである。

しかし、嫌だ嫌だと言っていても雪は止められない。せっかく寒い地方に来たのだから逆に積極的に雪を楽しもうと、2シーズンほど前の冬、最も雪深い南会津地方の雪まつりへ行くバスツアーに参加してみたことがある。結論:スキー場でもない普通の町が3メートル超の雪で埋め尽くされ、その中で人々が生活しているという現実を、だれでも一度は生で見るべきである!

%e7%94%ba%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90

が、一度でいいと思う(笑)。町をあげて雪まつり一生けんめい準備したんだよね、というのは伝わってきたけれど、あの雪と寒さとコンテンツのバランスからして、私にとってまつり会場にいるのは1時間が限界、あとは建物内に用意された休憩所で、帰りのバスまで長々とお茶を飲んで過ごしたのであった。

旅館の入口.JPGやはり私にとっての雪の楽しみ方は、雪かきによるエクササイズ効果期待くらいか。実際、除雪をエクササイズと考えて楽しもうという、日本ジョセササイズ協会なる組織も西会津に存在するのだ!

(写真はすべて、2015年2月に訪れた只見町、雪まつりにて)


移住生活 ブログランキングへ

だから私は動いていたい

年末年始は川崎の実家とその周辺で過ごした。

DSC_0857福島に移り住んでから帰京はおおむね月に1度、週末の2日間だったが、今回は半分フリーランスの「特典」も利用し、10日間の長期滞在。その間、実家の掃除と洗い物をしていない時間は、高校・大学・前々職・前々々職の友人たちと食べまくり、しゃべりまくった。合計およそ15時間のトークのうち、10時間以上は親の病気と介護の話だったと思う。そういう年齢だから仕方ないが、同じおひとりさま同士でも色恋の話がひとつも出ないのは、いかがなものだろうね(笑)

最後の方の1日は、掃除と洗い物と老親の相手、おしゃべりにも少々疲れたこともあり、品川駅近くの老舗ホテルに1泊した。いわゆる自分にご褒美ってやつですか。

いま東京はホテルラッシュということで、高層ビルの上階にモダンでおしゃれなホテルがたくさんできているが、私はやっぱり庭園のある老舗が好きだ。大した広さでなくても、都会の真ん中に土と木と水の空間があるのは、星の数など無関係のゼイタクだと思う。

DSC_0865とはいえ、私とあまり年齢の変わらないようなホテルは、生き残りのために設備更新が欠かせない。私が泊まったホテルも一昨年、約1年も営業を中断してリノベーションしたんだそうだ。改装して内装はモダンでおしゃれになっても、天井高と水回りにはどうしても年齢が露呈してしまうけれど、それもかえって懐かしい感じでいい。

一泊した翌朝は、ホテルから徒歩10分ほどの、以前住んでいたマンションの近辺を散策。この辺りには4年ほど前まで暮らしていたが、少し見ないうちに名前が変わったり営業をやめたり、あるいは新しくオープンしたりという店が結構あった。まったく東京の新陳代謝はすごい。個々の店レベルではいろいろ悲しい事情もあるのだろうが、東京が全体としてエネルギーを保っているとしたら、それは紛れもなくこの新陳代謝のおかげだ。

人間は新陳代謝が止まったら「死」だけれど、人間の集まりである町も同じだと思う。もちろん、どんどんビルを建て替えるのがいいとは思わないが、ハードよりもむしろソフト面で、定期的に古いものが新しいものにリプレイスされていくのは自然なことであり必要なことでもある。お気に入りの店がなくなったことを嘆くより、新しい店ができたことを楽しみたい。変化に対応するのはしんどいけれども、消えていくものにしがみついていたら後からもっとしんどくなるだろう。老舗でも絶えずリノベーションをしていれば健康寿命は延びるのだ。(被災地の復興プロセスを見ていても考えさせられる)

人間、歳をとればなおさら変化よりも現状維持が望ましくなるが、たいてい病気という望まない変化が訪れてしまう。両親にも一昨年からその大きな変化が来た。本人も家族もそれに向き合って対処していくうちに、気の持ち方や考え方のほうが変わってくる。いわばこころの新陳代謝かも…(福島生活とは無関係の記事が続いていますが、次回から戻ります。たぶん)

写真は、連れていってもらった渋谷のカフェと泊まったホテルの庭。


移住生活 ブログランキングへ

娘、帰る

若い頃、年末年始といえば友人と遊びに出かけるものだった。が、もう10年以上前から正月は大人しく両親のところへ帰って過ごしている。

DSC_0850両親は神奈川県川崎市のいまの住所に長いこと、私の生まれるずいぶん前から住んでいる。6年前の金婚式のときには、両親が結婚式を挙げた東京の東條會館から記念写真の撮影サービス券が、その住所へ送られてきた。50年前の顧客の連絡先が保存してあるのには感動したが、あちらも案内を送って戻ってこなかったのには驚いたのではなかろうか。

私の小さいときは、その家に父の母も同居していた。そんなこともあって、父もこの場所で生まれたものと、私はこの歳になるまで勝手に思っていたのだが、この正月、そうではないことを初めて知った。

戦時中、空襲を避けて人間が疎開したのは知っているが、建物疎開というものもあったそうだ。父の生まれは昭和8年。当時、父の両親は同じ川崎市内でも今のところから1キロ少々離れたところに家があって、父はそこで生まれた。が、戦争がはじまると、近くの工場が軍需工場に転用され、周りの家は強制的に取り壊しになったんだという。調べれば、建物疎開とは空襲による延焼を防ぐため、燃えると困る県庁や市役所、軍需工場などの周りの建物を取り壊して空き地を作ること。本格的な本土爆撃が始まった昭和19年ごろから、全国で行われたらしい。もちろん代替えの土地の手当てなどなかったため、父の家族は伝手を頼って市内を数か所点々とした後、今の場所に落ち着いたのだそうだ。

ナンセンスな比較と知りつつ、私がいま手伝っている福島の原発事故被災地の強制避難が思わず重なって見える。

父自身も、もちろん疎開していた。地方に縁故がないので、集団疎開(学童疎開)では知らない土地へ避難したという。学童疎開の対象は小学36年、二人の弟たちは一緒に行かなかったというから、おそらく父が小学3,4年のころの話だろう。疎開先では心細くて仕方なかったそうだ。食べ物といえば水っぽくて不味いサツマイモだけで、常に空腹。ごみ箱をあさって腐った夏ミカンを食べた記憶があるとも言っていた。小学校だけで5回くらい転校したというから、苦労しただろう。今でいうイジメも、なかった訳があるまい。

戦争が終わると、川崎にも進駐軍が来た。米兵の乗ったジープに子供たちが駆け寄って「ギブミーチョコレート」と叫ぶ話は本で読んだが、父も実際それをやったそうだ。本当にチョコレートをくれたのかと聞いたら、本当にくれたんだそうである。さぞやおいしかったに違いない。

その父も、昨年は病気が進行し、足腰はまだ大丈夫だが食べ物が呑み込めなくなった。胃ろうをつけて嚥下リハビリに励み、ゼリー状のものはなんとか口にできるようになったが、この正月は大好きな数の子もかまぼこも食べられない。いくらごちそうがあっても、今度は身体が受け付けなくなってしまった。目の前でお節を食べて気の毒だとは思うが、まだらボケの進行した母は平気で雑煮をほおばっている(笑)

大晦日、大量の賞味期限切れ食材、いくつも口の開いた同じ食材が詰め込まれた冷蔵庫を文句をいいながら掃除するのも、あと何回だろうか。両親の子供のころの話も、聞けるうちにもっと聞いておかなければいけないな。

DSC_0853元旦の今日は、穏やかな晴天。昔なら10分もかからずに歩いていけた近所の神社へ、途中休みながら30分以上かけて初詣に出かけた。

だれでも通る道だから淡々と歩きたい。

<公開翌日に一部追記しました。自分の記録を兼ねたブログのためしばしば追記あり〼>