冬眠したい…

寒いのは大嫌いなので、冬は嫌いだ。できれば3月末くらいまで冬眠していたいのだが、人間と生まれたからにはそうもいかない。それならどうして暖かい東京を去って東北に移住したのか?と言われれば、そりゃホントはもっと温暖なところでも良かったのだが、これもご縁というものだ。(いきさつはプロフィールで簡単に説明してるので、よかったらどうぞ。)

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%a7%85%e3%81%ae%e9%9b%aa%e5%83%8f実は福島県というところ、少し移動しただけで天気も気温もけっこう違う。厳寒・豪雪の会津地方はもはや別の国と考えてよいが、新幹線沿いの中通り地方でも、福島市と二本松市と郡山市とでは常に1~2℃、ときには5℃も差がある。それぞれ東京~川崎~横浜くらいしか離れてないのに、である。それも、位置的にはいちばん北の福島市のほうが暖かいのだから面白い。

暖かいといっても、今日の福島市の最低気温はマイナス3℃。東京にいたころは、3℃といったら凍えると思ったが、マイナス3℃を経験すると、ゼロより上は暖かいと感じるのだから人間の身体は順応するものだ。今週末は全国的に寒波だそうだが、福島市の予想はマイナス7℃だって~*o* 私が経験する最低気温更新かもしれない。

気温が低いのはまだしも、このあたりは中途半端に雪が降る。会津地方と違い、積もるといってもせいぜい十数センチの話だけれど、それでも通勤前の車の雪おろしに時間はかかるわ道路は渋滞するわ、勘弁してほしい。日帰りできる距離にスキー場があるという環境は、ウィンタースポーツをする人には天国かもしれないが、私はまったくノーサンキューである。

しかし、嫌だ嫌だと言っていても雪は止められない。せっかく寒い地方に来たのだから逆に積極的に雪を楽しもうと、2シーズンほど前の冬、最も雪深い南会津地方の雪まつりへ行くバスツアーに参加してみたことがある。結論:スキー場でもない普通の町が3メートル超の雪で埋め尽くされ、その中で人々が生活しているという現実を、だれでも一度は生で見るべきである!

%e7%94%ba%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90

が、一度でいいと思う(笑)。町をあげて雪まつり一生けんめい準備したんだよね、というのは伝わってきたけれど、あの雪と寒さとコンテンツのバランスからして、私にとってまつり会場にいるのは1時間が限界、あとは建物内に用意された休憩所で、帰りのバスまで長々とお茶を飲んで過ごしたのであった。

旅館の入口.JPGやはり私にとっての雪の楽しみ方は、雪かきによるエクササイズ効果期待くらいか。実際、除雪をエクササイズと考えて楽しもうという、日本ジョセササイズ協会なる組織も西会津に存在するのだ!

(写真はすべて、2015年2月に訪れた只見町、雪まつりにて)


移住生活 ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中