凍み餅デビュー

DSC_0988
前回の投稿でも紹介した、凍み餅(しみもち)。福島県山間部の伝統的な保存食である。道の駅などでも見かけるから、土産物としても人気があるんだろう。もちろん存在は知っていたが、自分で買って食べるところまで至っていなかったので、うら若い男子が貢いでくれたこの機会に、さっそく食してみることに。

しかし、保存食だけあって、お腹がすいたからといって袋を開けてすぐに食べることはできない。この時期だと一晩くらい浸水しないといけないのだ。凍み餅というくらいだから、餅を凍らせて、さらに乾燥させて作るという。作るにもえらい時間がかかるぶん、食べるにも時間がかかるんだね。

DSC_0992朝、ボウルの水に入れて外出して、帰って来たら1.5倍くらいに大きくなっていた。おまけにぱっくり地割れしていたが、自分で食べる分には支障はなかろう。触るとまだ固いが、7時間は経っていたのでもう次の工程に移ってもよいと判断し、バターを敷いたフライパンへ。とりあえず弱火で焼き始める。

ジューとバターのいい香りがしてくると、餅はさらに膨らんで周りがモチモチになってきた。でも箸でつつくとまだ真ん中は芯がありそうだ。少し蒸し焼きにしてみるべと思い、ふたをして待つこと数分。

全体がぶわっとして、いかにもおいしそうな「餅」というルックスになってきた。醤油をまわしかけ、王道「バター醤油」でいただく。「ごんぼっぱ」という何かの葉っぱが練り込んであるらしいので、ヨモギ餅みたいに緑がかっている。「ごんぼっぱ」の味はよくわからなかったが、とにかく充実の質感。安手の切り餅をレンジでチンしたのとは格が違う。やたらにビヨ~ンと伸びたりせず、いかにもコメをついて作ったんだよという、しっかりしたテクスチャーだ。

DSC_0994

はっきり言って地味な食べ物である。郷土食なんてみんなそんなものだが、それを村おこし、まちおこしに精一杯活用しようとしている人たちがいる。おいしさも地味だし、手軽にチンして食べられる便利さもない。マス向けには当然、無理だ。もちろんそんな量も生産できない。だからこそ、面白いマーケティングができるんじゃないかしらん?

口の周りをバター醤油だらけにしながら、そんなことを思った昨夜。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中