コンビニ考

久しぶりに、コンビニでカップラーメンを買って食べた。海苔巻やおにぎりはたまに買うが、カップ麺なんて何年ぶりだろうか。なんだかものすごく味が濃く感じ、舌がピリピリするようだった。

別に、「やっぱりインスタント食品やコンビニ弁当って身体が受け付けないわ」などと気取るつもりはない。普段の食事はたしかに手作り率が高いけれども、それは福島に来てからというもの、勤め先が工業団地の真ん中で周りに店がなく、毎日弁当を持参せざるを得ない状況だったのと、収入が減って自炊のモチベーションが高まったから、というだけの話だ。

DSC_1091食に関する「意識高い系」の人たちは、コンビニで売ってる系の食品を妙に毛嫌いする傾向がある。かくいう私も、東京でサラリーマンしていた時代はコンビニ食をなるべく避けていた。11年前にヨガを始めてから多少は食べ物に気を使うようになったこともあるが、いちばんの理由は「おひとりさま+コンビニ弁当」というコンビネーションがあまりに侘しく、恥ずかしいような気がしたためである。それに、コンビニみたいな業態が広がれば電力消費も減らないし、便利さと引き換えに人間はどんどん怠惰になっていくから、コンビニとは社会の必要悪であるとさえ感じていた。

でも、福島に来てからコンビニの見方は変わった。

原発事故の避難区域で、赤字を覚悟で最初に出店してくれた小売は大手のコンビニチェーンだった。今でこそ定食を提供するような飲食店もでき始めているが、そういうものがなかった最初のころ(だけでなく今でも)、除染や復旧にあたる作業員の身体を支えてきたのは、コンビニの食べものだったのだ。避難指示下の浪江町で3年前に初の小売店としてローソンが再開したとき、先遣隊として本庁舎に帰って執務していた十数人の職員の食環境が、これで少しは改善されるかと思ったら、手を合わせて拝みたい気持ちになったものだ。

コンビニ食品の原材料表示にある、たくさんの○○剤や○○料にあからさまに眉をひそめる人もいる。でも、それらを食べ続けて長期的に人体にどんな影響があるかなど、本当のところはわからない。実験室のモルモットのように「それだけ」を摂取し続けるなら別だが、同時に他のいろんな「リスク」も取り込んでいる以上、そのうちひとつの要素の確定的影響など特定しようがないはずだ。いまの福島の被災地程度の低線量被ばくが、長期的に人体に及ぼす影響が特定できないのと同じ理屈である。

避難区域に限らず、こういう手軽で安価な食品が存在することで救われている人はたくさんいる。それに、田舎のコンビニは都会とは違う重要な役割を担っていることもわかった。地方に行けば小売店の空白地帯は多い。夜間ならなおさらだ。暗い山中を何キロも車で走って、やっとコンビニの明かりを見つけたときの安堵感。車社会では、トイレを貸してくれるという意味でもコンビニはなくてはならない休憩所なのだ。(ついでに言うと、東京人が都市銀行の支店のない地方に来たらコンビニのATMこそ頼りである。)

DSC_1087カップラーメンに話を戻そう。

ふだん食べつけていないと塩分やら添加物やら舌に刺激が強いのは確かである。原発事故避難のせいで、自分で作ったコメと野菜で自炊ができなくなったり、同居していた家族と離れて単身になったりして、スーパーやコンビニの惣菜、インスタント食品に頼るようになった人も多い。彼らはカップラーメンなど食べ慣れただろうか。

手作りの食べ物が良いのは当然だが、他人が手作りしたものは高額になる。工場で作った方が安い。都市化とはすなわち生産の分業化だ。元は兼業農家も多かった被災者の避難生活は、生産手段をなくし、やむなく都市化したのだった。

(写真は地元の郷土食づくりのイベントで提供された、おかあさんたちの手作り惣菜)


移住生活 ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中