プータローとはなにか

なんだかんだで3年間もお世話になった福島県浪江町役場に、先月末、こんどこそホントにさよならを告げた。最初は1年のつもりだったのが、延長、延長また延長。その間少しずつ身分が変わったり部署が変わったりしたため、そのたびに送別の花束やプレゼントをいただき、もはや餞別泥棒と呼ばれても返す言葉がないところまで来ていた。が、これでホントに最後だ。

壽とお花.JPG3月30日、町の一部で6年ぶりに避難指示が解除されて、4月1日から役場機能の大半が二本松の仮事務所から元の本庁舎へ戻った。職員もみな、二本松市やら福島市やらへ避難していたのが、役場と一緒に町に帰っている。とはいっても、町を出てすでに6年。避難先に家を買ったり建てたりした人も多いし、一方の浪江町内にはまだ学校もなく、店もほとんどないから、家族連れで帰るという選択をした職員は少ない。ほとんどが当面は単身赴任だ(奥さんが一人で帰っているというパターンもある)。

震災後に採用になった職員の中には、もともと浪江の出身でない人もいる。彼らにとってはこのたびの引越しは「帰還」ではなく、浪江への「移住」ということになる。私もその一人だったのだが、いつかこの日が来たとき一緒に「移住」はしないと決めていたので、このタイミングでホントのさよならになったわけだ。

ということで、今月から晴れて100%フリーランス(プータローともいう)の生活が始まっている。

と書いてみて、待てよ、そもプータローの定義とは何ぞや?という疑問が湧いた。ググってみると、おおむね「働こうと思えば働けるのに無職でいる者」の総称のようである。じゃ、無職者って何か?会社にお勤めしてないということか?そしたら自営業はみんなプータローだ。労働の対価として現金収入を得てない人のことか?じゃ専業主婦はみんなプータローだ。

調べるとNHKのサイトに「なるほど」という記事が載っていた。それによると、プータロー(風太郎)とは元来、定職に就いていない日雇い労働者のことを指す言葉だったそうだ。このオリジナルの定義に従えば、やはりフリーランスとプータローはニアリーイコールとして問題なかろう。私の場合、僅かながら不動産収入という「定収」があるが、これは基本的に不労所得であるので定義は外れまい。

さて、毎日決まった時間に起きて決まったところへ行かなくてもいいとなると、人間どれだけ怠惰になれるものか?まだ始まったばかりだが、自らの性分が露わになってくる過程を面白がっているところである。(つづく)


移住生活 ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中