お花見で朝食を

東京で花見といえば通常、ソメイヨシノの下で宴会することを指す。福島で有名な桜といえば、「三春の滝桜」をはじめとする枝垂れタイプが多い気がするが、もちろん県内にソメイヨシノの名所もないわけではない。先日は、近所のSちゃんが誘ってくれて、市内を流れる荒川河川敷の公園へ、満開のソメイヨシノを愛でに行った。

DSC_1168スタートは7時30分。朝の、である。酒のつまみでなく朝ごはんを食べながらの花見は初めてだったが、これがなかなか良かった。青空の下、遠景には絵のような吾妻連峰が霞み、時折そよぐ風に桜吹雪が舞う。その下で、Sちゃんお手製のおにぎり、サラダ、特大いちご、酒粕ディップを乗せたクラッカーを頬張る。人の作ってくれたご飯はなんにしても美味い。あながち親子でもおかしくないほど歳が離れているSちゃんであるが、たまに会うときはこうして結構ごちそうになっている。

横を流れる荒川は、以前にも書いたが水がきれいで有名な川である。河畔にはこんもり木が茂っていて、その黄緑色の芽吹きがまた春を感じさせてくれる。食べ終わったら腹ごなしに川に沿って咲く桜のトンネルをプラプラ散歩して、少々風が出てきたのを機に10時前には終了。Sちゃんは仕事へ、プータローの私は家へ帰って二度寝… いや掃除と洗濯を。早起きは三文の得を実感する一日であった。

その昔、東京は麹町にある小さな会社に勤めていたとき、社員全員(といっても7、8人)で毎年花見をしたのを思い出す。その日は仕事を1時間ほど早く終わらせて千鳥ヶ淵に向かうのだが、4時過ぎともなればもう人が一杯で、いい場所をとるのに苦労した記憶がある。この時期、昼間は暖かくても陽が落ちると結構冷えてきて、寒いわトイレ行きたいわで、結局そんなに長居はできないものだ。地べたに座っての夜桜鑑賞は、年齢的にももう無理だと思う。これからはブレックファースト花見がよさそうである。

DSC_1152ちなみに、桜の名所は県内各所にあるが、私が仕事でご縁をいただいた浪江町にも請戸川リバーラインの桜というのがある。話には聞いていたが、先日やっと生で見ることができた(上の写真)。夜桜の上に花火が打ち上げられる桜まつりは、原発事故による避難で6年間中断していたが、この3月末に一部で避難指示が解除されたのを受け、今年は町に帰った住民の有志が花火を復活させたそうだ。

もちろん、避難指示が続いている間も桜は変わらず咲いていたわけで、日中の立ち入りが可能になった4年前からは昼間の花見ならできないこともなかったろう。でも、解除によって町内での宿泊に制限がなくなり、夜桜を楽しめるようになって初めて、復興の一歩を感じた人も多かったのではなかろうか。もちろん、早朝スタートのブレックファースト花見もOKになったということである!


移住生活 ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中