50歳からの「正しさ」探し(1)

「たたみかた」という面白い名前の新しい雑誌が出た。神奈川県の小さな出版社が作っている。創刊号は福島特集。しかも自分の知っている人が載っているというので、最寄りの本屋に行ったら、なかった。出版元に問い合わせると、福島県ではいわき市内の1か所にしか置いてないらしいという。いわきはマイタウン福島市から高速を使っても2時間近くかかる。DSC_1442

Amazonでポチっとやれば済む話だが、たかが本1冊、電気からガソリンから多くの資源を使い、宅急便のお兄さんを過労に追い込んでまで届けてもらう必要はない、と自分に言い聞かせ、いわきに行く用事ができるのを待った。

幸い、その用事が比較的すぐできて、めでたく入手。

見れば、30代のための社会文芸誌、とある。編集長は1986年生まれの女性だ。中を開くと、30代のためだけあって字が小さい。余白がたくさんあっておしゃれなレイアウトなのだが、字が小さい。私がその年齢のころ、印刷物の制作会社で営業をしていて、クライアントから「字を大きくしろ」と何度いわれたことか。そのたび、デザイナーとともに「これ以上大きくしたらダサいじゃん」(ダサいは当時の言葉で「あか抜けない」という意味です)と悩んだものだが、いまとなってはクライアントさんごめんなさいである。

それはともかく。

「たたみかた」創刊の動機は、「正しさと正しさがぶつかりあう世界を超えていきたい」ということだそうである。巻頭言に曰く、

「自分の『正しさ』がどこからやってきたのかも知らないで、
他者の『正しさ』を理解しようとすることができるだろうか?」

さすがに社会文芸誌だな。直球だな。

で、私も自分の「正しさ」の素ってなんだろうと、いまさらながらちょっと考えてみたわけである。

DSC_1212アメリカ資本の組織には15年以上勤めた。たとえそうでなくても、「もはや戦後ではない」宣言の後の東京に生まれ育った私の世代は、知らないうちに「アメリカ型の価値観」が刷り込まれている気がする。その根本は、つまるところ、「自由」だと思う。

たしかに私にとって「自由であること」は命の次に大事なことみたいだ。

その後をつらつら考えているうちに、自分の価値判断の基準になっているらしいことがあと二つ、見つかった。「効率」と「適者生存」。

・自由であることが正しい。
・効率がよい、あるいは生産性が高いことが正しい。
・適者生存(不適者は自然淘汰されること)が正しい。

うむ。

近所の酒屋さんおススメの純米吟醸を飲みながら、ひとつずつ吟味してみますかね。(たぶん、つづく)


移住生活 ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中