サクランボを食べながら、こう考えた

6月は延べ10日間ほど、サクランボ農園の手伝いをした。

福島県の思惑通り、「福島といえば桃」というイメージが世間に定着しつつあるかどうか知らないが、この地の名産は桃だけではない。サクランボ、梨、リンゴと、我が福島市の果樹農家さんたちは春から秋まで大忙しである。なかでもサクランボは季節が短い。6月初から7月初の1ヶ月が勝負だ。

DSC_1581.JPG

ゴールデンウィークのころ、サクランボの授粉の手伝いをしたという話を書いたが、そうやって自分が授粉させた花が、こういうふうに実になるんだということをこの目で見ると、平凡な言い方だが、自然の摂理というものに改めて驚かされる。

サクランボを作るのはサクランボ農家ではない。サクランボの木なのだ。

以前から食品ロスがマイテーマで、いろいろ調べたりしているうちに、人口が70億を超えた世界には近い将来、水危機・食糧危機がくることを確信するようになった。地球上どこに住んでいても最終的にこの問題からは逃れられないが、場所によって多少は時間差があるだろうから、水源が豊富な日本は相対的に有利だろうし、日本の中でも食糧がある程度自給できる農村部のほうがさらに有利なんじゃないか、と考えた。

世界規模の危機以前にも、たとえば東日本大震災で東京都心のスーパーの棚から食べ物が消えたとき、やっぱり食べ物の生産地の近くにいたほうが、飢える確率は低いような気がした。

さらに、両親が幼い頃に空襲を避けて地方へ疎開したときの話で、都会から来たひもじい子供たちを前に、食料を持っている農家がとった偉そうな態度が忘れられないと、よく言っていた。だから、国家の非常時にあっては農家農村がやっぱり強いのだ、と思った。

そんなことで、私が福島に移住したのは、少しでも食糧生産の現場に近いところに居ようという危機管理的な意味合いも、なくはなかったのである。その延長で、次は小さくてもいいから土地を買い、多少でも自分で食べ物を生産できるようになっておこうというプランも、まだ捨ててはいない。

DSC_1539しかし、実際に農業というものの現場に多少なりとも触れてみると、その「危機管理」も甘い幻想だということがわかってきた。農業も、種屋さんがいなければ作付けできないのである。

当たり前だが、植物は種から育つ。水稲の種籾はもちろん、キュウリでも茄子でも玉ねぎでも大根でもジャガイモでも、自家で採種して翌年の作付けに使っているのは、プロの農家さんでもほとんどいないのだそうだ。みんな毎年JAから仕入れるという。当然、素人の野菜作りも産直やホームセンターで毎年種や苗を買ってきて初めて可能になる。その種や苗が供給されなくなったら、いくら土地があっても何も作れない。

その点、果樹なら樹を育ててしまえばあとは毎年黙っていても収穫できる…と思いきや、例のサクランボの王様「佐藤錦」などは自家受粉せず、人間が別種のサクランボの花粉を授粉させてやらなければならない。そしてその花粉も、やはり毎年購入する必要があるのだ。

DSC_1546

いま読んでいる本によると、地球史上では何度も生物種の大量絶滅がおきているという。2億4500万年前の「ぺルム紀紀末大量絶滅」では、海洋生物種の95%、陸上種は75%が死に絶えた。有名な恐竜の絶滅は6500万年前、このときは陸生生物種の90%が死滅した。ちなみに、どちらもゴキブリは生き残ったというからすごい。

これらの絶滅は、小惑星の衝突とか地軸の傾きの変化とかによる気候変動が原因だったが、そのたびに生き残った種が新しい環境に適応して劇的な進化をとげたんだそうだ。とはいえ、いずれ太陽の寿命が尽きれば地球の寿命も尽きる。その随分前に、こんどこそゴキブリや細菌類も含む全生物が死滅するのだろうが、中でも我々ホモ・サピエンスはかなり早期にいなくなるんだろう。おそらくは自分の手で自分の首を絞める形で。

まあ、人類の最期よりも私の寿命のほうが早く来てくれるんじゃないか、という希望的観測のもと、時間稼ぎの家庭菜園にむけて、そろそろまた土地の物色を始めますかなー。

(丼の写真は、古殿町の中華料理店で出会った大豆ミートの照り焼き丼。胡椒がきいてなかなか美味。食糧危機が来たら、まずは肉がなくなるんだろうなー)


移住生活 ブログランキングへ

広告

サクランボを食べながら、こう考えた” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中