しあわせ田舎ライフにも失敗はある

年に2回くらい、野菜をいただきに行っている友人Sさん宅に、先日呼ばれてきた。お義母さんが丹精している畑から、茄子だのピーマンだの隠元だの胡瓜だのをしこたま収穫させていただき、その後はとれたての野菜で作ったお昼までごちそうになる。

DSC_18093世代6人家族のSさん宅は、賑やかでいつお邪魔しても楽しい。暑かったこの日は、お花畑の庭に子供用プールが出してあり、楽しそうにパチャパチャしている息子さんの傍らでアウトドアランチという贅沢だった。

対する私の手土産は、いちおう手作りだが小さなチーズケーキが一台だけ。値段とかコストとかいう観点からは明らかにアンバランスである。が、これを都会的に損得とか貸し借りで考えると田舎ライフの道をあやまる。Sさんへ直接「お返し」をしなくても、いただいた野菜は近所におすそ分けし、作った惣菜で友人を夕飯に呼ぶ。そうやってグルグルしていけばいいらしい。

こういうのを、貨幣経済に対置してシェアリングエコノミーとかお互いさま経済などと呼び、地方暮らしの「豊かさ」の証左に挙げる人も多いように思う。たしかに食べ物はいただくことが多いし、住む場所に関しても、例えばメンテナンスと引き換えにタダで貸してくれる家みたいなのも探せばあるだろう。

ただ、それが高じて、田舎では現金がほとんどいらないみたいなことをいう人もいるが、路上生活者でない限りそれは嘘である。水道・電気・ガス料金はもちろん、年金も保険も物々交換は受け付けてもらえない。相続税なら物納という手段もあるらしいが、他の税金はダメだ。両親の介護をたくさんしてるからといって、介護保険料が免除になることもない。

どこへ行っても現金はそれなりに必要である。

DSC_1806さて、4~5人におすそ分けしてもまだ大量にあるジャガイモを消費すべく、久しぶりにポテトサラダでも作ろうと思い立つ。

市販のマヨネーズが苦手のため、以前は豆腐+すりゴマ+味噌+レモンみたいなもので代用したこともあったが、今回は卵を使う正統派マヨネーズに初挑戦してみるべと、「簡単な作り方」を検索。それでたまたま参照したページがハズレだったというべきか、見事に失敗した。シャビシャビの液体状のまま固まらない。あとからよく調べると、冷蔵庫に入っていた卵は室温に戻さないといけないんだそうである。なぜなら、卵レシチンの乳化作用は18度くらいでないと働かないからだって。半世紀以上も生きてきて、初めて学ぶ家庭の化学であった。

このたびはマヨネーズではなく卵ドレッシングを作ったのだと頭を切り替え、ほくほくの新ジャガのマッシュにたっぷり吸わせると、ねっとりポテトサラダの出来上がり!

新鮮な野菜は素材だけでおいしい。多少味付けが失敗しても十分美味である。この日のメニューは、ポテトの他に茄子のカポナータとカボチャのバター醤油。ごちそうさまでした(合掌)。


移住生活 ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中