リアルでいこう

実家で年越しのため、福島駅から新幹線に乗って東京へ向かう。30分も乗らない間に、窓の外は一面、白くなったり茶色くなったりする。今週、福島市内は雪が10センチ以上積もったが、20キロ南の二本松、そのまた20キロ南の郡山はほとんど降っていない。ところがさらに南下して白河、栃木の那須のあたりにくると、再び畑は白くカチカチに凍っている。その辺りから西へ向かい、南会津に入れば、この時期はもう1メートルを超す積雪だ。

DSC_1822
会津の郷土料理こづゆ。正月などハレの席で食べるそうな。

だから、東京の友人に「福島は雪降ってる?」と聞かれても、まず福島県のどこ?と聞き返さねばならない。移住して4年になる私も、いまだに福島の気候はバラエティに富んでいるなあと感心するが、むしろあれだけ広い範囲で似たような天気になる関東平野のほうが、山ぐに日本の中ではレアケースなのであろう。ここに都を築いた家康はやはり先見の明があったのか。福島暮らしを経験すると、お江戸の冬は晴天が多く、温暖で過ごしやすいと感じる。

4月にサラリーマンをやめたら、職場がらみの宴席というものがほぼ皆無となり、したがってこの年末はクリスマスとか忘年会と名の付く外食の機会は2回しかなかった。あとは今月半ばに我が家でこぢんまりと女子会をやったくらいだ。もともと大人数の宴会は得意ではないが、フリーになった今はこれまで以上に努めて人付き合いを拡大しないと、そのうち引きこもりになりかねない。

そのぶん、年末年始の帰京中は、実家孝行の合間に50年来の友人たちとできる限り会う予定にしている。福島でもこの4年間、おかげさまでいろんな人と知り合い、友人もできたが、やはり数からいえば東京のほうがまだ圧倒的に多い。facebook様のおかげで普段からさほど「離れている」という感覚はないが、リアルで会うと決まって「この前会ったのいつだっけ?えーあれってもう2年前?」みたいな話になる。SNSがない時代に一人で地方に移住してたら、かなり孤立感があったのではなかろうか。

仕事の打合わせだって、いまどきskypeとかzoomとかいう便利ツールを使えば大抵の距離は克服できる。そういう意味では地方移住・二地域居住のハードルは確実に下がっていると思う。そのうち忘年会や新年会だってオンライン参加が主流になるかもしれない。

いやいや、お酒はやっぱり生身の人間といっしょに飲むほうがおいしいに決まっている。この正月は、昨年の大病からリハビリを重ねて再び口からの飲食ができるようになった84歳の父と、まずは福島の酒で乾杯だ。新幹線とネットをうまく使い分けながら、来年は引きこもりにならないフリーランスを目指すぞ!それと、もうちょっと本業で稼ぐぞ!(笑)

今年も本ブログにお付き合いくださりありがとうございました。来年も気が向いたら読んでね。

 

 

 

 

広告

とりあえず、振り返ってみました

あー12月だ。師走だ。年末だ。

私はこのクリスマスから正月のホリデーシーズンというものが、なんとなく好きではない。暦の上で1年が終わるからといって、なんだこの大騒ぎ。この浮足立った感じ。

うちはいつもきれいにしてるから特段の大掃除は必要ないし、実家にも毎月帰ってるのでファミリー・リユニオンという訳でもない。長い休みと言ったってたかが知れているし、そもそもフリーになってからは毎日がホリデーみたいなもの。私にとっての年末年始はカレンダーを架け替えて手帖を新しくするくらいで、何も特別なことはないのだ。

DSC03790

とはいえ、忘年会だの新年会だのという名目で、普段あまり会えない友人たちと会う機会が作れるのはうれしいことである。そして、過ぎた日々を振り返って反省するという行為も、特に私のような人間には折に触れ必要なことであるから、カレンダーが変わるこの時期、それもちょうどいいのだろう。

で、振り返ってどんな1年だったかというと、3月末にサラリーマンを完全にやめてフリーになり、生活がかなり変化したのは確かだ。総じて収入は減りコストが増えたので、年間の収支はトントンか少々赤字と思われるが、まあここまでは一応、想定内ではある。

福島に来てから早くも丸4年になるが、東京の勤めを辞めた時点で、私の中では経済的にどうのというよりも、新しい場所に行き、新しい人に出会い、新しいアイデアを学び、新しいことをやってみる、そういうことが優先であった。今年宮仕えを卒業したのは、それをさらに一歩進めるためだった。

……とか言えば恰好いいが、実はそう用意周到に計画したわけでもない。周囲に恵まれ、運に恵まれ、なんとかなっているだけである。ただ確実に言えることは、移住先でフリーになる前にサラリーマンを3年やっておいてよかった、ということだ。知らない土地でもまず組織に属せば、そこで得られる情報や人的ネットワークはやはり大きい。

そういえば、この4年で知友人の平均年齢は確実に若返った(笑)。若者はみんな東京に行って地方には高齢者ばかり、というのは物事を単純化しすぎ。私の東京の知友人は同年代ばかりだが、こちらでは20代30代とも話すことが多い。向こうはこんなオバサンをどう思っているか知らないが、私にとってはたいへん有り難いことだ。

以上、振り返っただけでちっとも反省してないが、どれだけ考えたところで物事はなるようにしかならない。と思っているような怠惰な人間も「来年の抱負」など捻り出さねばならないような気分にさせられるから、この時期は好きじゃないんだな、きっと。そもそも狩猟採集時代のホモ・サピエンスは…… いや、これ以上の請け売りはやめとこ(笑)。私はそんな世の中に影響されず、来年もその先も、あれこれ悩まず天命を待つだけにしようと思う(開き直りともいう)。もちろん、人事は尽くすつもりだけれどもね。^^

(写真はちょうど7年前の今ごろ訪れた、スリランカ・ニゴンボのホテルのクリスマス飾り。思えばこの後7年間、海外には一度も行ってないわ~)