甘いもんバンザイ\(^o^)/

昨日は久しぶりにヨガのクラスに行った。といってもレギュラーのクラスではなく、某建築会社さん主催の1日イベントだったのだが、その会場となったモデルハウスがまことに素敵で、やっぱり次は注文住宅だわ~、暖炉に大型犬だわ~と、家探し熱がまた再燃しそうになっている。

あ、違った。次は「土地に定着しない家!」つまりトレーラーハウスにするんだった。熊本地震の後、そう決心してからまだ3年も経っていないというのに、人間の記憶というのはかくも短いものだ。

DSC_2960

それはともかく、福島に来てから4年間、ヨガのクラスというものに参加した回数は片手で数えられるほどしかない。まず、東京のようにそこら中にヨガスタジオがあるわけではない(というかほとんど無い)。人口が少ない分、圧倒的に先生も少ない。スポーツクラブに行けばスタジオプログラムにヨガがあるらしいが、いまは会費を払ってそういうクラブに通うほどの経済的余裕もない。そんなことで、たまに今回のような単発イベントに参加する以外、普段は自宅に敷いたマットの上で適当なポーズをやってお茶を濁している。

かれこれ12年くらい前にヨガの練習を始めてから、基本的に菜食になった。なった最初の理由はご多聞にもれず、動物食をやめると身体が柔らかくなるとか汗が臭わなくなるとか、そういう「ヨガ界の言い伝え」みたいなものに影響されたから。そして「私ってお肉たべないの、うふ」とか言ってイッパシのヨギーニを気取りたかったからである。もちろん、肉をやめたら自分の身体がどうなるのか純粋な興味もあった。で、数年やってみたが身体は硬いままだし汗はやっぱり時間が経てば臭うし、長年悩んでいた〇〇が治ったなどということもない。要するに何も変わらなかった(もっとも卵や乳製品は摂ってたし、会食のときは魚OKとかかなりユルベジだったが)。

DSC_2963

しかし同時に、肉も魚も食べなければ食べずに済むということもわかった。お財布にも優しいし台所洗剤も不要になるしで、もっと言えば来るべき食糧危機をちょっとでも遅らせるのに寄与すべく、そのままなんちゃってベジタリアンを続けているうち、四つ足動物の肉は本当に食べられなくなり(たくさん食べるとお腹がこわれてしまう)、魚介類にはもともとキライな食材も多いので、私はただの「好き嫌いが多い人」になりつつある。

私のヨガ修行も菜食主義も、そういうわけでかなりユルユルなのであるが、それに加えて化粧もネイルもヘアカラーもしてないから(そこに哲学はない。ただの手抜き)、かなりストイックな生活してるみたいに勘違いされることがある。で、ときたま「あなたはナチュラルでオーガニック(ってそもそもなんや?笑)だからこういうのは食べないんでしょう?」的なコメントを頂く。それがステーキや焼き肉なら「はい、食べません」でいいのだが、生クリームとバターがたっぷり乗っかったパンケーキなどを前にそれを言われると、私は全身全霊でナチュラルもオーガニックも否定しなければならないのである。

DSC_2964

というわけで今回の写真は、今週末に食べた「甘いもの」シリーズでした。

1枚目:参加したヨガイベント後のティータイムで提供された、かぼちゃのおしるこ。アーユルヴェーダにも造詣が深い先生のお手製で、やさしい甘さがめちゃうまだった。これぞ正真正銘のナチュラルでオーガニック(^^)

2枚目;福島のスイーツ女子の間ではけっこう有名らしいCandy-doというパンケーキ屋のパンケーキ。この倍くらいの生クリームタワーが載っかってる名物メニューもあって、みなさん写真を撮るのはそちら。でも完食できないと困るのでモデレートな方にしてみた。

3枚目:住宅地にひっそり佇む「窯炊き甘納豆本舗うろこや」の甘納豆。写真映えしない和菓子の中でも特に写真映えしないけど、後をひくおいしさなのね。

広告

ただいまふくしま

こんどは東京駅から新幹線に乗って福島へ向かう。

DSC_2804
実家近くのお宅の金柑

年末年始を1週間ほど川崎の実家で過ごすと心身に異常を来す寸前の状態になっているので、車内で爆睡してリセットする。目が覚めるとちょうど郡山あたりだ。眠い目で窓の外を見ると、右側(東)と左側(西)では空の色が違うのが面白い。彼方が海の西側は青空の面積が比較的多いが、東側の奥羽山脈には雪雲がかかり、白い空の面積が多いのである。ことほど福島の天気はバラエティに富んでいる。

福島駅についたら、三が日に降ったらしい雪の名残がそこここにあったが、道路は乾いていたのでほっとした。同じ中通りでも、たとえば郡山市と比べて福島市内は山に近いため比較的雪が多いのだが、かといって会津ほどの本格的な雪国ではなく、降雪量も除雪も中途半端でいささか気持ち悪い。この時期は何日も雪が降り続かないことを祈るばかりだ。

さて。正月を実家で両親と過ごして心身に異常を来すとは失敬な物言いだとは思うが、いつもの自分の生活ペースと全く違うのだから仕方ない。特に、食べたくない時でも一緒に食べないといけないのは辛い。が、私の母を含め、おそらく世の中の主婦という人々はみな多かれ少なかれそういう食生活を強いられるのだと思えば、主婦になり損ねた私も年に一度くらいは我慢しなきゃ罰があたるだろう。

その両親も、近所に住む甲斐性ある弟と介護サービスのおかげで、なんとか自立した生活ができている。

DSC_2811
今年正月の両親
DSC_0853
昨年正月の両親

昨年と比べてなんとなく余裕が出てきたように見えるのは、気のせいかしらん?(笑)着てるコートが二人とも去年と同じなのはご愛敬。元気で長生き、よろしくお願いしたいものだ。

正月休みは例年通り友人たちとしゃべりまくったが、もっぱら親の介護や病気の話に花が咲くのも例年通り。今年それに加えて盛り上がったのは「陶芸体験でマイ骨壺づくり」である。私の骨は海か山に撒いてほしいので、気の置けない友人2人に、よもや骨壺に入れて墓の下には埋めてくれるな、そんなことしたら化けて出てやる、と念押ししたら、よーし化けて出てくるように骨壺作って入れてやる、という想定外の展開になってしまった。まあ、墓の下でなく飾り棚に置いといてくれるなら、骨の一部くらい小さな壺に入ってもいいか。そんなら3人でおそろいの骨壺つくろうか、ということになり、この春2人には作陶体験がてら福島に遊びに来てもらう予定である。

なんとも楽しみな2018年の始まり始まり!w