甘いもんバンザイ\(^o^)/

昨日は久しぶりにヨガのクラスに行った。といってもレギュラーのクラスではなく、某建築会社さん主催の1日イベントだったのだが、その会場となったモデルハウスがまことに素敵で、やっぱり次は注文住宅だわ~、暖炉に大型犬だわ~と、家探し熱がまた再燃しそうになっている。

あ、違った。次は「土地に定着しない家!」つまりトレーラーハウスにするんだった。熊本地震の後、そう決心してからまだ3年も経っていないというのに、人間の記憶というのはかくも短いものだ。

DSC_2960

それはともかく、福島に来てから4年間、ヨガのクラスというものに参加した回数は片手で数えられるほどしかない。まず、東京のようにそこら中にヨガスタジオがあるわけではない(というかほとんど無い)。人口が少ない分、圧倒的に先生も少ない。スポーツクラブに行けばスタジオプログラムにヨガがあるらしいが、いまは会費を払ってそういうクラブに通うほどの経済的余裕もない。そんなことで、たまに今回のような単発イベントに参加する以外、普段は自宅に敷いたマットの上で適当なポーズをやってお茶を濁している。

かれこれ12年くらい前にヨガの練習を始めてから、基本的に菜食になった。なった最初の理由はご多聞にもれず、動物食をやめると身体が柔らかくなるとか汗が臭わなくなるとか、そういう「ヨガ界の言い伝え」みたいなものに影響されたから。そして「私ってお肉たべないの、うふ」とか言ってイッパシのヨギーニを気取りたかったからである。もちろん、肉をやめたら自分の身体がどうなるのか純粋な興味もあった。で、数年やってみたが身体は硬いままだし汗はやっぱり時間が経てば臭うし、長年悩んでいた〇〇が治ったなどということもない。要するに何も変わらなかった(もっとも卵や乳製品は摂ってたし、会食のときは魚OKとかかなりユルベジだったが)。

DSC_2963

しかし同時に、肉も魚も食べなければ食べずに済むということもわかった。お財布にも優しいし台所洗剤も不要になるしで、もっと言えば来るべき食糧危機をちょっとでも遅らせるのに寄与すべく、そのままなんちゃってベジタリアンを続けているうち、四つ足動物の肉は本当に食べられなくなり(たくさん食べるとお腹がこわれてしまう)、魚介類にはもともとキライな食材も多いので、私はただの「好き嫌いが多い人」になりつつある。

私のヨガ修行も菜食主義も、そういうわけでかなりユルユルなのであるが、それに加えて化粧もネイルもヘアカラーもしてないから(そこに哲学はない。ただの手抜き)、かなりストイックな生活してるみたいに勘違いされることがある。で、ときたま「あなたはナチュラルでオーガニック(ってそもそもなんや?笑)だからこういうのは食べないんでしょう?」的なコメントを頂く。それがステーキや焼き肉なら「はい、食べません」でいいのだが、生クリームとバターがたっぷり乗っかったパンケーキなどを前にそれを言われると、私は全身全霊でナチュラルもオーガニックも否定しなければならないのである。

DSC_2964

というわけで今回の写真は、今週末に食べた「甘いもの」シリーズでした。

1枚目:参加したヨガイベント後のティータイムで提供された、かぼちゃのおしるこ。アーユルヴェーダにも造詣が深い先生のお手製で、やさしい甘さがめちゃうまだった。これぞ正真正銘のナチュラルでオーガニック(^^)

2枚目;福島のスイーツ女子の間ではけっこう有名らしいCandy-doというパンケーキ屋のパンケーキ。この倍くらいの生クリームタワーが載っかってる名物メニューもあって、みなさん写真を撮るのはそちら。でも完食できないと困るのでモデレートな方にしてみた。

3枚目:住宅地にひっそり佇む「窯炊き甘納豆本舗うろこや」の甘納豆。写真映えしない和菓子の中でも特に写真映えしないけど、後をひくおいしさなのね。

広告

2 thoughts on “甘いもんバンザイ\(^o^)/

  1. 中川雅美様 はじめまして。ロサンゼルス在住の鶴亀彰と申します。もうすぐ77歳になるジジィです。「甘いもの」ではなく、「浪江町の町づくり」の記事に関してのコメントです。本日、以前に私も訪問したことのある東京のNPO法人ETICから送られて来た記事が中川さん執筆のものでした。浪江町での菅野孝明さんや菅家清進さん達の意気込みと頑張りに強い共感を覚えました。中川さんの記事も詳細に町の現状を伝えており、とても参考になりました。こちらにも福島県人会があり、たまたま私の知人が会長を務めていますので、早速彼に中川さんの記事をシェアーしました。海外からも何らかの応援が出来れば良いなと思っています。私の出身は鹿児島ですが、東北にも友人・知人は多く、震災後にも訪日し、被害のすさまじさに驚き、胸を痛めました。勇気と希望と知恵と不屈の精神で、いつか素晴らしい浪江町が生まれることを心から願っています。

    いいね

    1. 鶴亀さま、DRIVEの方からわざわざこちらにお訪ねいただき、メッセージありがとうございます。ETICさんのつながりは本当に広いですね(笑)。私が書かせていただいた記事が、浪江町をはじめとする福島の避難区域の現状を多くの方に知っていただき、地域の将来に向けたつながりを生む一助となれば、これほど嬉しいことはありません。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中