確定申告だん、そして

東京でサラリーマン大家を始めたのがかれこれ14年前。以来、ナケナシの家賃収入ではあるが毎年欠かさず確定申告というものをしている。そして今年は初めて、納めすぎた税金が戻ってくる!という事態になった。もちろんその額もナケナシなのだが、なんだか得した気分(錯覚)。と同時に、給与というものが(ほとんど)なくなった個人事業主1年目はいかに収入が減ったかと感慨を深くした。無論、まともな営業もしていないのだからそれも想定内なのだけど、節約モードがさらに高まって我が家の経済は縮小均衡が進んでいる。

ベトナム料理とはいえ月々の生活費は節約すると言ってもたかが知れている。移住してから外食費は格段に減ったが、その分車の維持費はかかるし、福島市の水道料金はべらぼうに高いし、マンションの管理費は東京の相場とほとんど変わらない。

なにが減ったかと言うと旅行費である。20代から40代半ばまでは、当然のように年1、2回は海外に出かけていた。それがだんだん長時間飛行機に乗るのが苦痛になってきて、40代後半からはもっぱら国内旅行。それも、一人で知らない場所をブラブラするより、現地に知人を訪ねるほうが楽しみになる。

そして4年前に福島に来てからは、なんだかずっと長い旅に出ているような気分が続いてきた。もともと期間限定のお試し移住のつもりだったからだろう。「旅行する」といっても福島県内のスポットを回るばかりで、飛行機に乗って「遠くへ行きたい」という衝動にはまったく駆られることがなかった。でも、福島=旅先感が薄れるにつれ、最近はときどき「遠くへ行きたい」気分が再び頭をもたげるようになっている。

中国茶五福

先日、用事の帰りに初めて福島空港の中に入ってみたら、1日5便しかない定期便の合間で施設内はどこも閑散としていた。沖縄や九州、台湾やベトナムに向けてときどきチャーター便が飛んでいるらしいが、なんといっても福島空港までが、県庁所在地・福島市の我が家からは遠い。県民として福島空港を利用したい愛郷心はあるが、ぶっちゃけ仙台空港のほうがアクセスいいし便数も多いから、私が何年ぶりかで飛行機に乗るとすれば仙台からだろう。

バンコクやクアラの友人も訪ねたいし、久しぶりに台湾の素食も食べたいし、またバリでヨガもしたいし。ヨーロッパは一時期よく行ったが、スペインやポルトガルは未踏の地だ。ベトナムもグアムもサイパンも実は行ったことないし。インドやトルコも死ぬまでには一度行ってみたいかなぁ。 

21A26DDF-

あ、でも我が家は緊縮財政なのだった。海外旅行のスポンサーが見つかるまでは、近くのエスニック料理と外国映画でガマンですw

(写真は上から、ベトナムキッチン「Chaochi」のフォーと、台湾茶の店「五福」の東方美人茶。どちらも福島駅から徒歩圏内。「猫が教えてくれたこと」は猫が主役、イスタンブールが舞台のほっこり映画。)


移住生活 ブログランキングへ

広告