無題 2

早春の朝

白鳥が飛んでいく

コウ、コウ、コウと鳴きながら

西の空へと飛んでいく

いつもは群れなのに

今日の隊列は二羽だけだ

置いていくなと鳴くのか

遅れまいぞと鳴くのか

誰に言われなくとも白鳥は

いつ何処へ渡ればよいか知っている

コウ、コウ、コウと群れを追う

二羽の他にはもしかして

渡る定にあらがった

はぐれ白鳥がいるだろうか

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中