桃にまみれて桃になるの巻

夏は本業が若干スローになるので季節労働をしようと、今年は農協で桃の出荷作業のバイトを始めて3日目になる。

c1b5f772-13c9-4ad1-b3e2-50a240e58d8d.jpg去年の夏バイトは、キュウリ農家さんだった。その時の話は以前に書いたとおりで(こちら)、肉体的に大変だったけどとても勉強になった。ただ、予想外の拘束日数と期間になってしまったため、今年はもっと融通の利く短期の仕事にしようと探した結果、ついに農協デビューとなったのである。

桃は何種類もあるが、主力の「あかつき」の出荷最盛期は7月末から8月中旬。その間、私のような多くの短期アルバイトが派遣会社を通じて各地の共同選果場に集められ、農協職員といっしょに作業するわけだ。私か派遣先されている選果場の場合、ピーク時には1日の出荷量がなんと100トン!にもなるという。すごいなぁ、日本人てそんなに桃好きだったっけ。いや、ここから出荷する先は日本国内だけではない。先日はタイへ輸出される桃の出発式というのもあった。

生産者から集められた大量の桃をひたすらさばいていく作業は、農業というより完全に工場労働である。長いベルトコンベアーが何レーンも並ぶ広い構内、指示は司令室からマイクで行われ、きっちり決められた休憩時間はサイレンの音が鳴るまで持ち場から離れてはいけない。もちろん朝礼もある。すごい、ホントにテレビで見たような「工場」だ。こういうところで働く日が来るなんて、東京時代は想像もしていなかったが、どんな仕事でも一度は経験してみるものである。

さて、私は春先に桃の摘花バイトをやったことはあるが、できた実の選別や箱詰めはもちろん初体験だ。アルバイターは普通、初心者でも比較的簡単な箱詰めを担当するらしいのだが、私はどういうわけか最初から選果の方に配属になってしまった。周りはベテラン職員のおばさま方(私から見ておばさまであるから、おそらく60代から70代とおぼしきご婦人方)ばかり。その厳しいご指導をいただきつつ、桃の色や傷、柔らかさ等で選り分け方を学ぶ。

流れていくベルトコンベアに遅れまいと、次から次へ桃を見つめて触り続けること1日実働8時間。3日もやればなんとかコツがつかめてきて、今日数えてみたら1分間に平均20個ぐらいを選別しているので、単純計算すれば8時間でなんと9,600個!

立ちっぱなしで足がむくんだり、桃のウブ毛で手が痒くゴワゴワになるのは、まぁいちおう想定内である。去年のキュウリバイトに比べたら肉体的にはまだ楽だ。

ところが、びっくりしたのは家に帰って鏡を見たら、自分が桃に見えたこと!本当に、自分の顔や手足の皮膚が桃の肌に見えるのである。その話をおばさまの一人にしてみたところ、彼女も最初の頃、作業後は白いタオルが桃色に見えたそうである。人間の視覚というのはオモシロイ。

ただでさえこの時期の朝食フルーツは毎日、桃(もちろんご家庭用の二級品だよ)。あと数日の農協バイトだが、終わるころにはすっかり桃人間に変身しているかもねw

広告