もうすぐ昼夜の長さが同じになる頃

多少涼しくなってきたので、朝のゴミ出しついでの散歩を再開した。コースはいつもの荒川土手である。ゴミを出すのは週に2 、3日なのだが、その間にも土手の景色はどんどん変わっていく。

昨日は、生い茂った草の間に真っ赤な彼岸花を見つけて驚いた。もうそんな季節か。いや、まだちょっと彼岸には早いぞ。その向こうには、いつの間にか萩の花も咲いている。

私が名前を知っている植物はそのぐらいだが、他にも前回は見かけなかった白いのや黄色いのが、其処此処で小さな花びらを広げていた。雑草と一括りにされるぐらいだから、みんな姿形は控えめだが、これが自然というものだろう。花屋で売っているような大きく立派な花は、人間がいじくり回した結果なのだ。

だいたい日本人が大好きな「里山の風景」だって、手付かずという意味の自然とは程遠い。青々とした田んぼなどは「人工的」風景の最たるものだ。あれを「自然」のままにしておいたら、あっという間にこの荒川土手のような草ボーボーになってしまう。

めぐる季節とともに、生えてくる草、枯れていく草。咲き誇る花、萎れていく花。みな時期というものを心得て、それぞれの短い生を淡々と全うしている。

そうありたいもんだね。なんて思うのは、だいぶ歳とった証拠である。

(今回の写真は撮り下ろしではなくフリー素材を借用)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中