しんじ君が新しくなりました

愛車しんじ君が二代目になった。こんどはコンパクトながら普通自動車である。

DSC_0581

別に事故や故障で代替わりというわけではない。

先代のしんじ君を郡山のディーラーで購入したのは、かれこれ3年前である。基本、職場と近接したアパートとの往復にしか使わない前提で、迷いなく中古のミニマムな軽自動車を探した。といっても、雪が降るからと四駆にだけはこだわったら意外と選択の余地がなく、新しい冬タイヤ、保険など諸々込みで、10年落ちでも70万近くかかったと記憶している。もともと約1年のお試し移住のつもりだったから初期費用は抑えたかったのに、すでに最初から予算オーバーであった。

その後、1年限定で応援に入ったはずの自治体の仕事は、請われるまま延長に次ぐ延長で(有難いことに)、気づけば3年近くが経過。途中でマンションまで買ってしまい、その時点で往復10キロだった通勤距離が50キロに伸びていた。加えて人が訪ねてきてくれることも増えて、たまには4人乗せてドライブできるといいよね、とか、たまには高速道路も長時間走れると便利だよね、という、軽自動車にはちょっと苦しい場面が重なってきた。

そこで先月、念願の?プチリタイヤで福島暮らし第二章が始まったタイミングで、しんじ君も普通自動車へと代替わりさせたのである。先代は、購入時点で予算オーバーだったのにこの3年で2回の車検とさらに4回の故障入院。こんなことなら最初から普通自動車の新車でも買えばよかった、と思わないでもないが、人生は予想外の展開の連続だ。致し方ない。

二代目しんじ君はエンジン1300㏄のいわゆるコンパクトカーで、このたびはふつうの前輪駆動車である。この辺たしかに雪は降るが、スキー場などには一切近づかない私にとって、「四駆でよかった」と感じる場面はひと冬に1回あるかないか。四駆はかえって燃費が悪いだけ、ということを学んだ結果だ。燃費にこだわるなら、みんなが乗ってるハイブリッドにしようかとも考えたが(福島には全国平均より絶対ハイブリッドが多い…ような気がするという記事はこちら)、ハイブリッドは中古であってもやはり相対的にお値段が高く、諦めた。もっともイマドキのコンパクト車はかなり燃費がよいらしいので、満タンで職場を何往復できるのか記録しているところである。

ちなみに、私が運転免許をとったのはたしか大学1年だったから、もう30年以上も前のことだ。当時の自動車にはカーナビもキーレスエントリーもなかった。パワーウィンドウすらまだ珍しかったのではなかろうか。3年前福島に来て、必要に迫られてハンドルを握ったのは実に20数年ぶりだったのだが、先代しんじ君の装備はたいへんベーシックだったから、数十年のギャップをまったく感じずに済んだ。

DSC_0572

ところが、今度の二代目は中古ではあるがまだ3歳と新しく、見慣れない装置がたくさんついている。

まずはキーを差し込まないでもエンジンがかかるのに驚いた。カーナビはそれなりに便利と思うが、ギヤをリバースにするとその画面がバックモニターというものに切り替わる。それを見ながら車庫入れするらしいのだが、なんだかなおさら曲がってしまう。全体に「エコ」を意識した車なのは有難いが、リアルタイムで燃費がチラチラ表示されるとかえって気になり、運転に集中できない。ガソリンスタンドで給油ハッチのレバーが見つからず焦ったら、ドアロックを解除するだけでいいそうな(爆)。

…二代目しんじ君と仲良くなるには、もう少し時間がかかりそうである。(そもそもなぜ「しんじ君」なのか疑問に思った方は、こちらの記事をどうぞ

広告

考察:福島県とハイブリッド

しんじ君がまた入院した。こないだ車検を通したばかりなのに、今度はミッションオイルが漏れているというので、なんとかしてくれと車屋さんに預けてある。年末に一度ぶつけられてしまったのは仕方ないが、その前にも給油ハッチがあかなくなったり、マフラーが折れたりして、この2年間そこそこ入院代がかかっている。ミニマリズムのしんじ君は私の身の丈に合った大のお気に入りで、次の車検まではぜひ乗りたいと思っていたが、今回の故障はそろそろ買い替え時のサインかもしれない。当初の想定外の福島移住、次は長く乗るつもりでもう少し自動車らしい自動車にすべきか…

しんじ君そう思って周りの車を改めて観察してみると、このあたりはハイブリッド車がなんだかとても多いように思う。ハイブリッドっていつの間にそんなに普及したのかと、自検協さんのサイトに載ってる統計(保有台数)から計算してみると、20153月末現在で全国のハイブリッド車の普及率は… 

あら?5.8パーセント?乗用車に限っても7.7パーセント?それでもこの数年で倍増してるみたいだが、案外少ない。しかし私の感覚では、福島県内(少なくとも私がウロウロしている中通り地方)では絶対にもっと高いと思う。都道府県別のデータが見つからないので正確なところはわからないが、感覚的には2~3割はハイブリッドが走ってる気がする。

もし福島県のハイブリッド普及率が他県より本当に高いとすれば、おそらくそれは東日本大震災と原発事故を経験したからじゃないかと思う。当時、被災地はどこもガソリンが品薄になった話、特に原発被災地ではいろんな物資の搬入が途絶えてしまった話、みなさんは記憶しているだろうか。車社会では、ガソリンがなくては動けない。逃げられない。モノが運べない。まさに「いのちの水」なのだ。(もちろん東京など大都市圏でも、ガソリンがなければ少なくとも末端への物流は途絶えるから、長引けば死活問題なのは同じだが。)

当時ガソリンが枯渇したのは、緊急避難を余儀なくされた原発至近の地域だけではない。先月私が引っ越してきた福島市でも、わずかな量を買うため徹夜でスタンドに並んだという話を聞く。そういう経験をした福島では、少ないガソリンでたくさん走るハイブリッド車の普及率が全国平均より高くてもおかしくないんじゃないかな。普通の車でも、メーターが半分を切ったらすぐに給油する習慣になったという人は多いし、ポリ容器に入れた少量のガソリンを常に積んで走っているという人も、実際にいる。

ちなみに、電気自動車となるとハイブリッドよりもさらに普及率は低い(3桁少ない)が、それでも震災後の5年間で実に376倍(20103月末141台→20153月末52,600台)になっている(上述のサイトより)。これからの時代、やっぱり2代目しんじ君はガソリンレスかしら?

しかし引越しでなにかと物入りなところ、短期経済的には初代にもう少しがんばってもらいたいのだが…(写真は2年前、私のもとに来たばかりのしんじ君)

福島のマンションにあって東京のマンションにないもの

しんじ君(12歳)の車検がやってきた。ツルツルになってしまったノーマルタイヤを新調して履き替え、諸々パーツを取り替えて、しめて16万円也。軽自動車だからまだこれくらいで済んでいるが、普通車なら20万はかかるはずだ。自動車がなくてはならない地方暮らしになったのだから必要なコストではあるが、自動車税、保険、それに駐車場代もろもろ合わせて割り戻すと、月に2万ほどかかる計算だ。高いなあ。

19歳で免許をとったときは、まだ神奈川県の実家にいた。3歳下の弟も免許をとったとき、2人共用として親に新車を買ってもらい(今から考えれば超ゼイタク)、用もないのによく湘南あたりへドライブしたものだ。しかし当時は車検費用を弟と折半した記憶はないから、おそらく親が払ってくれていたのだろう。父さん母さんアリガトウゴザイマスm(__)m

さて、ノーマルタイヤは新品になったが、3シーズン乗った冬タイヤはどうしよう。買った当時は1年少々の福島滞在予定だったのに、まさかの3シーズン。普通はそろそろお取替えらしいが、私は通勤距離が短いこともあり、ゴムもまだ固くなっていないのであと1シーズンはなんとか行けると言われた。よかった。これで来年の秋までしんじ君は活躍できる!

DSC_0030

ちなみに、このようにシーズンでタイヤを履き替えるとなると、使っていないタイヤの保管場所が必要となる。そこで、福島の集合住宅には、賃貸でも分譲でも必ずタイヤ置き場がついている。移住前、賃貸物件を下見に来たとき、単身者向けなのに物置までついてるなんてすごいな、みんな何を入れるんだろ?と思ったのだが、タイヤでした。

で、このタイヤが結構重たい。極小しんじ君のタイヤでもホイールとあわせて110キロ以上ある。ふつうの物置ならいいのだが、こんど引っ越したマンションは3段ベッド式のタイヤ置き場で、たまたま私の割り当ては最上段。おひとりさまはもちろん全部自分で出し入れしなきゃならない。まあまあ力はある方なので、肩から上へはヘディング技術も使って無事収納したが、高齢者なら真剣に困ると思う。歳とって自分で上げ下ろしできなくなったら、そうだねえ、積んだままにしておくか(笑)

(写真はそのタイヤ置き場。最上段のしんじ君のタイヤはなんだかやたら小さく見える(笑)ちなみに雪かき道具も共用倉庫に必須のお道具。)

しんじ君の入院

12月は動画サイトでフィギュアスケートを見すぎてwifiの速度制限がかかってしまい、下旬はほとんどPCからネットに接続できず。スマホで長い文章を入力するのはいまだにストレスを感じるので、ブログの更新もしばらくお預けであった。

で、その間のできごと。

イナカ=車社会では、人との待ち合わせ場所は街中の駐車場だ。12月下旬のある日も、某所の駐車場に愛車しんじ君1号を置いて友人の車に乗り換え、ランチに出かけた。で、2時間後に帰ってきたら、女性と警察が待っていた。バックでぶつけてしまったといって、大変申し訳ながっている。たしかに左前が少々ペコリとなっており、全体が心もち傾いでいる。

まあ、13歳の軽自動車しんじ君はもともとたいへん華奢な造りなので、このくらいの凹みなら私がゲンコツパンチしてもできるかな、とは思ったが(できないよ)、事故は事故だ。ちゃんと弁償はしてもらわねばなるまい。でも、彼女もわざとやったわけじゃないし、腹を立ててもしょうがない。どころか、当て逃げしようと思えばできたかもしれないのに、ちゃんと警察を呼んで私が戻るまで待っていてくれたなんて、かえって感動すら覚えてしまった。

幸い、走行には当面問題なさそうなのでそのまま修理にもっていき、相手の保険会社ともすぐ連絡がとれて、すべてはスムース。レンタカー代車はハイブリッドの普通車で、悪いけどしんじ君の数ランク上である。数日後にいわきに行く予定だったが、おかげで快適なドライブとなった(しんじ君は高速を走ると青息吐息になってしまうので、片道2時間以上かけて下の道で往復するつもりだったのだ)。

DSC_1550

前回、故障修理中に車屋さんに出してもらった代車もたまたま立派な新車でラッキーだったが、1週間くらいかかるといわれた修理がわずか1日で終わってしまい、シンデレラ生活はすぐに終わった。今回は、レンタカーなので車屋さんも心配ないのと、年末年始を挟んだこともあって、しんじ君は3週間近くたった今もまだ入院している。早く帰ってきてほしいような、ゆっくりしてきてほしいような…(笑)

(写真は、いわきの水族館「アクアマリンふくしま」にて)

車はお金がかかる

そろそろ12歳?にならんとする愛車しんじ君。いくら期間限定のお試し移住でも車は必須なので、福島に来て最初に買ったものだ。そもそも軽x四駆x中古は在庫が少なく、冬タイヤも必要だったので、保険もいれて初期投資が70万近くかかったのは若干想定外であった。

DSC_1473そのしんじ君、もともと静かな車ではなかったが、最近妙にエンジン音がうるさくなり、今朝は明らかに異常音が。これはまずいと午前中から仕事を失礼して2年前の購入店へもっていくと、なーんとマフラーが途中でぽっきり折れていた(写真)。どうりで改造車のような爆音がしたわけです。そのお店、急に持って行ったのにすぐに見てくれ、さらに代車まで用意してくれた。その代車がほぼ新車。ナビこそついてないが、ベアミニマムのしんじ君に比べると「おおっ」と思うような立派な仕様だ。これで週末遊びに行けたらラッキーと思っていたが、夕方には電話があり、修理完了だという。マフラー新品にとりかえて工賃込みで5万円弱。数か月前には給油のハッチがあかなくなって2万くらいかかった。まったく車にはお金がかかる。次の車検で買い替えかな。本格移住するなら最初から新車を買えばよかった、とも思うがしかたない。

地方暮らしに車は必須だが、車社会で単身はやはり少々不利である。車で迎えに来てくれる人がいない、ということは行動範囲を狭めるのである。お金で解決できないことはないが限界がある。そのほか、一軒家の手入れにしても畑仕事にしても、イナカには一人でやるより二人以上のほうが物理的に楽なものごとが多いのだ。