極小市民的贅沢

福島市に暮らし始めて2年以上になるが、ここに住んで良かったなぁと思うことが今でもたびたびある。それは「温泉のある生活」だ。思い立ったらパッと風呂道具を持って車に乗り、日帰り温泉へ。極上の源泉掛け流しでひとっ風呂浴び、帰りにちょこっとお茶したり買い物したりしたとしても、全部で3時間あれば足りる。

定番のコースはいくつかあるのだが、最近はまた別のを見つけた。「あづま温泉」という日帰り施設だ。うちから土湯方面へ15分ほど走ると、たまに気晴らしにいく「四季の里」という広い公園があって、その近くに看板が出ているから認知はしていたが、なかなか行く機会がなかった。

看板どおりに国道から曲がり、坂を登っていくとだんだん道が細くなる。あれ、ホントにこれでいいのかな?と思い始めるころ、最後の看板が見えて到着。広い駐車場からは福島市街が一望できる。

この眺めがそのまま露天風呂ビューで、予想以上の気持ちよさだった。源泉は70度という高温らしいが、湯船のお湯はちょうど良く調温されている。飯坂の公衆浴場みたいにアツアツすぎても長湯はできないから、適度な加水は有難い。

この日は昼過ぎまでいちおうPCに向かって仕事していたものの、あまりに天気がいいので外に出たくなり、とはいえ夜は出かける約束があって遠出はできない。じゃ行ったことないあの温泉に行ってみよか、となった次第。平日の中途半端な時間だったせいか空いていて、途中から露天も内湯も独り占めだった。

なんか、贅沢。ま、入湯料350円だから娯楽として特に贅沢なわけじゃないけど、私はこれで十分贅沢だと思える。露天から見下ろす福島市内は、実り始めた田んぼの黄色が印象的だったが、夜景は夜景で(まあ函館や六甲山とは違うだろうが)それなりにきれいだろう。空を仰ぐと、15時を回った太陽はもううっすらと夕方の気配を醸し出している。この時期の陽はつるべ落としとはよく言ったものだな。あーチョー気持ちいー

などと身も心もダラダラに緩まりつつ、一方で平日昼間からこんな贅沢してなんかバチが当たるんでは?と一種「ヤマシイ感」が抑えられないのも、まだ残るサラリーマンの習性ゆえかw

と、ここまで書いて「小市民的贅沢」というタイトルを思いついたのだが、小市民=プチブル、中産階級だとすれば、いまの自分は果たして中産階級なのかと自問する。年収は確実に低所得層の仲間入りをしているので、すでに小市民とも言えないのかもしれない。極小市民かな(笑)

でも、こんな気軽に極上温泉に浸かりに行けるなら、べつに極小でも私にとってまったく不都合はないのである。とにかく健康ならばなんでも良し。Life is good in Fukushima ! ^^/


移住生活 ブログランキングへ

広告

もうすぐ昼夜の長さが同じになる頃

多少涼しくなってきたので、朝のゴミ出しついでの散歩を再開した。コースはいつもの荒川土手である。ゴミを出すのは週に2 、3日なのだが、その間にも土手の景色はどんどん変わっていく。

昨日は、生い茂った草の間に真っ赤な彼岸花を見つけて驚いた。もうそんな季節か。いや、まだちょっと彼岸には早いぞ。その向こうには、いつの間にか萩の花も咲いている。

私が名前を知っている植物はそのぐらいだが、他にも前回は見かけなかった白いのや黄色いのが、其処此処で小さな花びらを広げていた。雑草と一括りにされるぐらいだから、みんな姿形は控えめだが、これが自然というものだろう。花屋で売っているような大きく立派な花は、人間がいじくり回した結果なのだ。

だいたい日本人が大好きな「里山の風景」だって、手付かずという意味の自然とは程遠い。青々とした田んぼなどは「人工的」風景の最たるものだ。あれを「自然」のままにしておいたら、あっという間にこの荒川土手のような草ボーボーになってしまう。

めぐる季節とともに、生えてくる草、枯れていく草。咲き誇る花、萎れていく花。みな時期というものを心得て、それぞれの短い生を淡々と全うしている。

そうありたいもんだね。なんて思うのは、だいぶ歳とった証拠である。

(今回の写真は撮り下ろしではなくフリー素材を借用)


移住生活 ブログランキングへ

釜石の夜に

仕事で岩手県釜石市を初めて訪れた。同じ東北でも、福島駅から電車に乗って片道3時間半ほどかかる。じっくり取材しようと思ったらとても日帰りでは行かれない。東北は広いのだ。

この釜石をはじめ、大槌、陸前高田、大船渡、気仙沼、南三陸、石巻・・・東日本大震災のとき連日ニュースで報道された地名はたくさんあるが、その正確な位置関係を言えるのは、実際に行ったことのある人だけだろう。私はこちらに来てまずは福島県沿岸の市町村の配列を覚え、ここ1年ほど取材仕事のご縁で宮城県沿岸の地理がわかり、そして今回は初めて岩手県沿岸の自治体の位置を、ちゃんと把握することができた。

IMG_4305さて、初釜石の夜は、取材をアレンジしてくれたホストの皆さんと一緒に、地元の居酒屋で食事をしたのだが、そこに、はるばる東京からやってきたと言う老夫婦がいた。震災以来毎年、福島~宮城~岩手と大震災の被災地を訪ねているのだそうだ。今回も5日間かけて、国道6号を北上してきたという。福島は地震と津波と原発事故の三重苦で大変なんだよ、浪江町なんてまだ帰れない所があるんだよ、などと話していた。「わたし、その浪江町役場で去年まで働いてたんですよ」などと喉まで出かかったが、やめておいた。

八十歳になるという旦那さんと側でニコニコしている奥さん。「もう歳だから、あんまりたくさん飲み食いができなくて」と店主に申し訳ないといい、その場にいる客全員に一杯ずつご馳走してくれた。

おそらく彼らは、見聞きしたことをバンバンSNSで発信するようなことはしないだろう。でも、毎年同じ場所を訪れ、現地の居酒屋で食事をし、そこにいるみんなにお酒をご馳走し、頑張れと言って握手をし、さらりと帰っていく。おそらく行く先々でそうしていると思う。

世の中にはこんな人たちもいるのだ。

なんだかいい気持ち。

ビールごちそうさまでした。(写真はその後にいただいた釜石唯一の地酒、浜千鳥)

※後日一部加筆しました


移住生活 ブログランキングへ

桃にまみれて桃になるの巻

夏は本業が若干スローになるので季節労働をしようと、今年は農協で桃の出荷作業のバイトを始めて3日目になる。

c1b5f772-13c9-4ad1-b3e2-50a240e58d8d.jpg去年の夏バイトは、キュウリ農家さんだった。その時の話は以前に書いたとおりで(こちら)、肉体的に大変だったけどとても勉強になった。ただ、予想外の拘束日数と期間になってしまったため、今年はもっと融通の利く短期の仕事にしようと探した結果、ついに農協デビューとなったのである。

桃は何種類もあるが、主力の「あかつき」の出荷最盛期は7月末から8月中旬。その間、私のような多くの短期アルバイトが派遣会社を通じて各地の共同選果場に集められ、農協職員といっしょに作業するわけだ。私か派遣されている選果場の場合、ピーク時には1日の出荷量がなんと100トン!にもなるという。すごいなぁ、日本人てそんなに桃好きだったっけ。いや、ここから出荷する先は日本国内だけではない。先日はタイへ輸出される桃の出発式というのもあった。

生産者から集められた大量の桃をひたすらさばいていく作業は、農業というより完全に工場労働である。長いベルトコンベアーが何レーンも並ぶ広い構内、指示は司令室からマイクで行われ、きっちり決められた休憩時間はサイレンの音が鳴るまで持ち場から離れてはいけない。もちろん朝礼もある。すごい、ホントにテレビで見たような「工場」だ。こういうところで働く日が来るなんて、東京時代は想像もしていなかったが、どんな仕事でも一度は経験してみるものである。

さて、私は春先に桃の摘花バイトをやったことはあるが、できた実の選別や箱詰めはもちろん初体験だ。アルバイターは普通、初心者でも比較的簡単な箱詰めを担当するらしいのだが、私はどういうわけか最初から選果の方に配属になってしまった。周りはベテランのおばさま方(私から見ておばさまであるから、おそらく60代から70代とおぼしきご婦人方)ばかり。その厳しいご指導をいただきつつ、桃の色や傷、柔らかさ等で選り分け方を学ぶ。

流れていくベルトコンベアに遅れまいと、次から次へ桃を見つめて触り続けること1日実働8時間。3日もやればなんとかコツがつかめてきて、今日数えてみたら1分間に平均20個ぐらいを選別しているので、単純計算すれば8時間でなんと9,600個!

立ちっぱなしで足がむくんだり、桃のウブ毛で手が痒くゴワゴワになるのは、まぁいちおう想定内である。去年のキュウリバイトに比べたら肉体的にはまだ楽だ。

ところが、びっくりしたのは家に帰って鏡を見たら、自分が桃に見えたこと!本当に、自分の顔や手足の皮膚が桃の肌に見えるのである。その話をおばさまの一人にしてみたところ、彼女も最初の頃、作業後は白いタオルが桃色に見えたそうである。人間の視覚というのはオモシロイ。

ただでさえこの時期の朝食フルーツは毎日、桃(もちろんご家庭用の二級品だよ)。あと数日の農協バイトだが、終わるころにはすっかり桃人間に変身しているかもねw


移住生活 ブログランキングへ